コンテスト

2009年4月18日 (土)

オール東北コンテスト 2009

オール東北コンテストが開催されるという事もあり、東北へ遊びに行ってきました。丁度行きたいお店があって、ホルモン定食を食べに行きました。高速道路代も 1,000 円になった事ですし、という事で、そのついで、と言うわけですが…。

目指すは 7 エリアは福島県郡山インター。自宅から 2 時間ちょっとで到着です。高速代は、中央道特定区間+首都高+東北道(大都市近郊区間含む)で、2,730円、帰りは夜間+日曜なので 2,300 円でした。お買い得です。良い政策を今後も続けてほしい物ですが、ガソリン代は、別ですw

コンテスト参加のために、福島県田村郡滝根町に移動です。ここは、以前ガールスカウトでもよく来ていました。火を使った調理もでき、移動運用をするに良い場所なので、公式キャンプとしてちょくちょく来ていたものです。けれど、ご無沙汰している間に…なんと、合併して、福島県田村市滝根町に変化していたのです。う~ん。こういう自然溢れる場所は、群のままの方が趣があって好きなのですが…。

仙台平に到着し、運用準備に入ります。コンテストといっても、本気参加ではなくあくまでついでなのです。実は、先述の 「食事」 のお店に行くのが今回の旅の主目的で、コンテストは今週行く事になった理由を後押しする物だったりします。その為、結構装備も軽量です。設営がある程度できたところで、お散歩です。

少し歩いたところに 「鬼穴」 という鍾乳洞(洞窟?)があります。ここは、有名な鍾乳洞 「あぶくま洞」 とつながっていると噂されていて、昔から、ここでキャンプをした時はガールスカウトの子を連れて簡単な探検ごっこをしたものです。結構道が分岐してるので、気をつけていないと迷子になるところでした。

ここは、あぶくま洞や鳴沢なんかと違って、業者さんがいて課金して管理してるところではなく、放置されているいわゆるおざなりダンジョン自然の洞窟に近い物なのです。ところが、今回は行ってみると…なんと、入り口が厳重に封鎖されています。表向きの理由は天然記念物保護のようですが、新規指定されたわけでもないので今更な感じがし、ちょっと不自然です。

どうしたのでしょうか…。とうとう、中で迷子になってけが人や死者でも出たのでしょうか。管理されていないということでそういった問題が起こると危険だからと閉鎖されてしまう傾向は日本では結構多いですね。ここも、それほどメジャーではないものの、そこそこ遊びに行く人がいるようなので、うっかり何かがある可能性も否定できないわけです。

管理されているところに入るのとは違い、誰も助けてくれない自然(ぽい)洞窟を、自分たちで探検する気分になれるのは、ガールスカウトの活動としてはとても魅力的だったのですが…残念です。まぁ、何かの時に無茶な探検をした本人ではなくすぐ行政に責任を問う責任転嫁が最近のトレンドのようなので、仕方ないのかもしれませんね。

がっかりして時間を潰し、準備を整えた後、一度先述のところへホルモン定食を食べに行き、夜ご飯をすませてから運用地に戻りました。準備完了でコンテスト開始時間を待ち、21時から開始しました。

けど…ちょっと寂しいです。賑わっていません。本当に時間合ってるのかしら? と思うほどで、思わず確認してしまいました。ほんの 30 分程度参加しただけでいきなり頭打ち。う~ん。すっかり暇になってしまい、ウェブでも見ようとしたところ…Hamlog さんが応答なしになり、ハングアップしてしまいました。

慌てて強制終了&再起動してみましたが、Hamlog さんを立ち上げると…起動時にエラーメッセージが何も書かれていない、赤バツのダイヤログボックスが出ます。う~ん…どうしたのかしら。何度やってもダメ。念のため、ログファイルをリネームしたところ hamlog のログファイルが見つからないという文字がでるものの、新規で無事起動します。どうやら、ログファイルが壊れたのかもしれません。

…ということは、さびしいなかなんとかお声がけいただいた方のコンテストログが全部消えたわけです。こまったものです。それほど大量ではありませんが、これはショックです。当然、呼んでくださった方は既に一度交信済みということで、二度と呼んでくれないでしょうから、さらに新規だけを探す事になります。でも、寂しい感じで、これ以上呼ばれるかどうか…例え呼ばれても、最初のこれらの局の占めるウェイトは大きそうです。

私は、自分がやった事が無駄になるのがかなり苦手なので、これはショック。結局、コンテスト参加は諦めて中止する事になりました。がっくし;; これがもっと沢山呼ばれるコンテストの終盤で起こらなかっただけ良かったですが、今後、コンテストのログを取る手段を検討しないといけないようです。来週の ALL-JA コンテストとか、どうしよう…。

幸いコンテストのログは、相手局が提出しなくても虚偽のログとされることもないようですので、今回は残念ながら私はコンテストログ提出はなく、オール東北コンテスト参加はできなかった、という事になります。その夜は、枕を涙でぬらして不貞寝となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)