日記・コラム・つぶやき

2009年5月11日 (月)

サボリ?

ココロさんに二連続でブログを書かれてしまいました。うかつでした(TT

無線関係が最近ネタ不足です。もっと頑張らないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

ココロさんにおこられる

Tech_2
だそうです。CW のことかしら。まだまだ精進が足りないようです。

あと、体育だけは宿題がないそうです。言われてみれば、それもそうですね。もっとも、高校なんかでの 「保健体育」 では、宿題がありましたが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

ストリートビュー

ImpressWatch を見ていたら、GoogleMap で、日本でもストリートビューが有効になったそうです。早速見てきました。これ何かというと、GoogleMap 上の地点を指定すると、その地点からの景色が360度見れるという物。といっても、名前の通り「ストリート」ビューなので、道路からの映像になります。もちろん、ライブではありませんw

これにより、自分の家の前の道路を指定すれば、自宅が…職場の前の道路を指定すれば職場のビルが…おなじみのレストランの前を指定すれば…そして、あの OM さんの家の前を指定すれば、プロ仕様のご立派なアンテナ群が!なんていう感じです。印象的だった強力な OM さんからカードが届いていて、住所が書かれていて、都内や大阪などに在住でしたら、住所入力して、一度オタクは意見してみると面白いかもしれません。

「それが何の役に立つのよ」 といわれればそれまでですが、感覚的には役に立ちそうです。カシミールみたいに山の上からの映像は見れませんが、多摩川の河川敷の 「この位置のここから移動運用できるのよ~…ほら、ここから入って…で、こんな感じに開けてるから」 とか 「この看板のある角のこの路地を入るのよ」 というのが説明しやすいです。

その場所の写真がその場に立っているかのように360度見れるのはとても便利です。地図だと、思ったより細い道、広い道、角度など印象が違い間違いやすいですし、目印となる看板や模様、雰囲気などがあるとわかりやすいです。一度行ったことがある場所に、また行く時と似たような感覚で行けそうですし、場所の雰囲気を説明するのにも使えます。

残念ながら現時点では、都心とその周辺部や、大阪あたりの超大型歳の一部だけですので、移動運用で行くような、山岳地帯や高所は有効になってません。今後拡充されたとしても、こういう場所はなかなかフォローされないと思います。それでも、あちこち見てみると、面白いですよ(^^;

US では前から有効になっていて、US の自宅(今は人に貸してます)や、大学、職場などを見たりしましたが、日本の方が、より細街路までカバーされてる気がします。よくこんな所まで来たわね、と思わせる物が結構ありますw 車一台通るのがやっとの道でも、かなりの確率でカバーされてます。

でも、何となく気持ち悪いですね。といってもネガティブな意味じゃなくて、言い換えると、不思議な感じでしょうか。いつの間にか Google のカメラマンが、うちの近くにも来てたのね…と思うと、何とも不思議な感じ。これが新宿や渋谷などの本当の都心ならまだしも、私の住んでいる山手線の外側の田舎部なんかの、こんな細い道までよく来て撮影して帰ったわね、と、なんだか不思議な気分なのです。いつの間に…。

一方で、すごい労力だったと思います。おそらく、スチルカメラではなくて、360度パノラマのデジタルムービーを回しながら走行し、後からそれをアスペクト比補正(台形になってるのでそれを直す)して、要所要所で静止画に切り出しているだけで、止まってカメラをぱちぱちやってるわけではないと思いますが、それでも、全部の都内の道を車で走行するだけで、大変な距離と労力です。

都内の道を全部つなぐと何キロメートルになるか知りませんが、こちゃこちゃとした都心の道路、膨大な距離になるのは想像できます。一日あたりどのくらいの距離走れるのでしょうね? 担当のスタッフは相当大変だったと思います。

画像は、ドラッグでき、上や下も結構な角度見ることが出来ます。なので、ビルを見上げたり、足下の道路を見たり出来ます。車からの撮影なので、高速道路からの視点もあります。足元を見てみると、たまに撮影に使用してる車が写ってます。屋根の中心にカメラを装着してるみたいで、車種はプリウスでした。やっぱり距離があるだけあって、ハイブリッドでエコ(ノミー)にしたのかな?w

何となく…気の遠くなるような、都内全道路走破。それだけでもすごいです。もちろん、自動では出来ません。PC のソフトみたいに、上手にマクロやバッチを組んで自動で走らせることは出来ませんから、本当に実際に全てのその場所に行って撮影をしたのは間違いありません。

こういう気の遠くなるような作業としては、似たようなのは、カーナビの交差点名読み上げがありますね。「30m先、”新宿大ガード” 左方向です」 とか 「この先、150m "南足柄自動車教習所前” 斜め右方向です」 などです。全部の交差点を全部、同じ人が読み上げているのです。これなんて、まだ都心部しかないストリートビューと違い、都心からかなりの田舎の交差点まで、全部の交差点ですから、すごいです。喉がどうにかなりそうです。

数字なら、音声合成で組み合わせられますが、交差点名は人間が読むしかありません。もっとも、これは私がカーナビを買った、帰国した直後の話ですから、今は初音ミクさんみたいに、交差点名も合成で綺麗に発音できるのかもしれませんが、どちらにしてもそれを全交差点分、調子や抑圧を整える労力を考えるとなかなかの手間ですから、むしろしゃべった方が早いかもしれません。文字情報だけなら、どこかで手に入れてきたデータベースから、ところてんのように流し込めるんですけどね。

いずれにしても、人間の進化はすごいと思う瞬間です。そのうちこれが、ライブになるといいですね。せっかくの進化、神経過敏な自意識過剰系の人が、プライバシーだの何だの騒ぎ出さなければいいですが…。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

ガールスカウト

久々にガールスカウトの活動に参加してきました。

最近は特に無線に興味を持ってくれる子はあまりいません。昔はもっと、例え免許を取ると言い出さなくても、なんだろうと興味持ってくれる子が結構いたんですけどね。今はなんか、携帯の延長みたいな感じで、興味を抱いてくれないようです(^^; 私が大人になって、子供との距離がちょっと離れちゃったかも知れませんね。

東京だと私たちだけなんじゃないかしら。少子化で構成人数自体も減っていて、ちょっとさびしいです。

がんばろう。楽しいんだから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

あきばって

> 混沌さと日々変化のなかで探求したくなるモノがある面白い街

”だった”と思います。

余談ですが、引用符としての ">" ってパソ通時代からの風習ですよね。これって今でも通用するんでしょうか。

ここ数年、こちらからのメールをそのまま全文引用して、返信本文の末尾に残したままにする人が増えている気がします。「3行以上の冗長なシグネチャは禁止」 は過去の時代の話? ネットのマナーの悪化って、止まらないんでしょうね…。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

AKB大惨事

FT-817 の電源にするべく、まあべるさんの所で紹介されている PC 用の外付けバッテリを査収しに、秋葉原に出向きました。この電源は、まあべるさんの報告によれば、6m でのノイズは一部を除いてみられないという事なので、6m がメインの私には朗報かも知れません。ただし、ノイズフィルタや磁石なんかが入った状態みたいですので、問題なのは、素のままでどれくらい使えるか、という点にかかってきます。

何にしても、まずは実際使ってみない事には何とも言えません。万一ノイズがひどくても、16V 出力である VAIO type.G の外付けバッテリとして使えますから無駄金にはなりません。また、Alivio と違って値段もそれほど高くはなく、1万5千円程度で買える模様です。もしこれで、快適な移動運用が出来るようになれば嬉しいので、査収しに秋葉原へと行く事にしました。

本当は、近所のヨドバシで良かったのですが、電源ケーブルに使う RCA コネクタ付きケーブルは千石さんあたりで買ってこないと無いのと、ID-92 で採用されてる本体とマイクのコネクタ部分が売られてれば買ってこようと思い秋葉行きとなりました。ついでに、友達がやっているメイドさんリフレにもおじゃまするのです。その上で、夏祭りの抽選に漏れたので、その報告がてら委託先を懐柔しようと…(^^;

しかし、事件が起りました。メイドさんリフレを受けている途中で、外がなにやら騒がしくなり、救急車、消防車が集まってきてなにやら…。どうやら殺傷事件が起きたようです。最初はたいしたことがないかな、と思ったのですが、お外を見てみるとびっくり。かなりの数の野次馬と救急車、警察官。結構大事のようでした。何かできる事があれば手伝いたいと思いましたが、既にプロの方が駆けつけており、私に出来る事はありませんでした。

結局、一緒に来た友人が、気分が悪くなり帰りたいと言い出したので、何も買わずに帰る事になりました。現場となったのは、私たちが秋葉に訪れた時に通らない事がない一番よく通る交差点・通りで、見慣れた場所です。池袋なんかも全く無縁ではありませんが、あまり縁が深くなく、殺傷事件のショックはそこそこでしたが、秋葉のようなかなり身近な場所でこのような事件が起るととてもショックです。最近はすっかり秋葉から足が遠くなった物の、それでも身近な場所には変わりありません。

刺すのは誰でも良かった、と言いますが、普通の人が思いつく 「人の多い場所」 といったら、銀座とか、渋谷、原宿だと思いますが、なぜ、秋葉原だったのでしょう。最近話題に上がりがちだからでしょうか。そうすると、犯人の 「世間の話題」 と 「自分の不幸」 との溝に何か影を感じますね…。自分が不幸だからと、他人を不幸の渦に巻き込もうという考えは、私には理解できません。他人を巻き添えにした所で、自分が幸せになれるわけじゃありません。

それにしても、事件直後に、友人知人から、安否確認のメールと電話が次々とやってきたのにはびっくりしました。優に 20 件ほど…私って、そんなに秋葉原にいるイメージなんでしょうか…。確かに、たまたま今回は秋葉にいましたが、いつもいる訳じゃありませんよ~。おまけに、親まで秋葉にいるんじゃないかと思って心配して電話してきて…確かにいましたが、親にまで秋葉にいると思われてる私って、一体…。私がいつも秋葉にいるという先入観は捨ててください(^^; 今回はたまたま実際に秋葉にいたので強く否定できない所が説得力ゼロですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

はじめました?

知人に勧められて、アマチュア無線関係を中心としたブロクを始める事にしました。

身内向けのウェブサイトは良く作っていたのですが、ブロク形式として日々の無線関係の事をちらほら書いていきたいと思います。

日常生活のお話なんかはちらほら別のブロクで書いてたりしますが、とりあえずこちらでは、アマチュア無線関係の話をお楽しみくださいませ~。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)