旅行・地域

2008年6月29日 (日)

道後温泉

Dscf0864_r 薄曇りでしたが、紫外線はそれなりに強かったようで、肌が軽く赤くなってしまいました。この前、金剛山で大失敗してるのに、また同じ過ちを繰り返すとは学習回路が揮発性メモリで構成されているようです(@@ それに加えて、湿度も高く、CQ を出す時に使っている携帯性に優れた薄型の、気温と湿度が表示できる電波時計は29度を指していました。

結構汗だくになってしまったので、そのまま温泉へと向かいます。一日乗車券300円也を松山駅から大街道に来るまでに購入してあるので、それを使って 「道後温泉」 駅まで行きます。電車はとても古い木造ですが、ちゃんと冷房がついていて素敵です。新しい電車もいいですが、こういう古い電車をそのまま利用して雰囲気があり、一方で、冷房などの装備をしっかりさせて快適に利用できるようにするのも素敵だと思います…って、観光客みたいな一時的な利用者の感想でしかありませんが。

道後温泉駅は終点で、坊ちゃん列車もありました。知人は坊ちゃん列車に乗るといっていましたが、私はこの木造の普通の電車が気に入ったので乗りませんでした。結構はげしく雨が降っているので身動きがとれず、知人と待ち合わせ、昼食を取る事にしました。すると、知人が到着する頃には雨は上がり…。

せっかくなので、お風呂前にもう一汗かこうという事で、道後公園という小さなお山に登ってきました。公園内は自然豊かですが、それでいて綺麗に整備されていて素敵です。展望台があり、先ほど行ってきたお城も見えます。ダメ元でまた CQ を出しましたが…。空振りでした(TT おまけにとうとうバッテリが尽きてしまいました。

諦めて公園を後にし、商店街でおうどんを食べて "道後温泉本館" に行きます。入り口で、個室利用の 1,500円払います。1,500円といえば、一般的な日帰り温泉の値段くらいです。それで個室利用とは素敵です。おまけに、ちゃんとお団子とお茶の提供もあるそうです。もっとも、個室だからといって波を出すわけにいかないので純粋に温泉利用です(^^;

個室にコンセントがあったので、スタッフの方に許可をもらいシールドバッテリに充電する事にしました。知人はずっと位置情報を送出して歩いてるので、バッテリがどんどん減るのです。ここで、入浴時間、限界80分の中、充電です。

Dscf0872_r 温泉をさっぱりと済ませて、お茶をいただき、充電も終了。おみやげを数点査収して、撤収です。そういえば、今回は知人が珍しく、謎の付加装置をつけず GPS マイクだけを使用しています。きいてみると、なんでもアナログの位置登録ができず(?)、仕方ないので普通のデジタルの位置登録をしてるとの事です。知人はデジタルは自動では位置登録されないのが面倒なので好きじゃないらしいです。

よく聞いてみると…松山に D-STAR のレピータがあるそうで、知人は D-STAR 経由で東京と一局交信したそうです(地元向けは空振りだったそうです)。実は、私も 438.010MHz の DV で CQ を出してなしのつぶてだった時に、レピータがあるかな、とメモリをくるくると回してみたのですが、タカマツはあったものの、その次はフクオカで、マツヤマは見つからなかったのです。デジタルでは周波数だけじゃなくてコールサインもわからないと使えないですし、使いたくても使えませんでした。

Dscf0883_r まぁ、レピータ交信はあまり好きじゃないと普段から公言してるので、バチが当たったのかもしれません(@@ 知人に会って設定を見せて貰えるようになった時には既にバッテリ切れでした。もちろん、無線機を貸して貰う事は出来ませんし、知人は位置登録をするのでバッテリを借りるわけにも行きません。残念…。せめて道後公園では一度くらい、レピータも使ってみたかったものです。

そんな感じで、結局マツヤマ移動ポータブル 5 は、成果 1 局。メインで FM で呼びかけるという荒技にて何とか、という感じなので、純粋に DV モードとしては、ゼロです。ちょっと残念です。方や、6m がどこかで大ブレイクしてるらしく、羨ましい限りです。そんなわけで、ほとんど純粋な観光旅行に終わってしまいましたが、一方局数は一局だった物の、DV モードに熱心な方といろいろお話できたので幸せでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)