« 2011年4月 | トップページ

2012年3月

2012年3月28日 (水)

FTM-10Sの新BTユニットBU-2とKTELベアリザード購入

Dsc00217

オートバイの無線機として FTM-10S を使用していて、ヘッドセットのリンク方式はワイヤードではなく、Bluetooth を使用しています。そのため、FTM-10S には BU-1 という型番の Bluetooth ユニット(別売)が組み込まれています。これと、KTEL の「ベア・リザード(KT-BSH02/ステレオ SET)」というヘルメット装着のヘッドセット側の Bluetooth ユニットを組み合わせて使っています。詳細はこちらを参照。

ところがこれ、どうも FTM-10S の BU-1 Bluetooth ユニットのできがかなり悪く、距離が 1m もないのにブチブチ切れてしまいますし、運が悪いとリンク自体が切れてしまいます。同じ BU-1 を組み込めるハンディトランシーバ VX-8 でも同じ状況で、こちらは、背中に背負ったバックパックに取り付けた VX-8 と、胸元の音楽用 Bluetooth ユニットの間わずか数十センチで切れてしまいます。

同じ位置に Bluetooth 対応のウォークマンや PSPgo を入れても、切れずに安定して音楽を聴けます。でも VX-8 はダメ…。Bluetooth というのは紛れもない無線技術。無線機器のプロである無線機メーカーがこの状態では正直残念です。FTM-10S の方はギリギリ使えるのですが VX-8 はかなり厳しかったです。

FTM-10S では B+COM のヘッドセットと組み合わせて使っていた時はかなりひどい切れ方だったのですが、B+COM がヘルメットの位置なのに対し、ベアリザードはケーブルがあるため、胸のポケットに入れることで FTM-10S まで距離が近くなり、その分安定度は高まりました。

それでもたまに途切れるので、FTM-10S の外部音声入力経由で飛ばしているナビ音声なんかが「この先、30m(プチ) 方向です」と肝心な部分が途切れてしまい困ることがありました。情けない限りです。

そんな中、やっぱりいろいろ問題があったのをメーカーもわかっていたようで、後継の BU-2 というのがいきなり発売されました。なんでも 8 台までの Bluetooth 機器とペアリングできるようになったそうです。当然今作り直すくらいですから、重要な「無線」機能の基礎、つまりリンクが切れない部分にも改良が加えられていることでしょう。無線機メーカーとして、汚名除去を期待しています。

いろいろ迷いましたが、改良されていることを祈って、BU-2 をオーダーし、今日届きました。秋葉原に行って買えば良いのですが、最近なかなか時間がとれないので、ネット通販。山本無線で 2 万円以上なら送料無料なので、1 万円の BU-2 と、1.9 万円の KTEL のベア・リザードを買いました。1 日で届くとは、やっぱり通販は送料無料と即納が重要です。

このベアリザードという製品は、本来有線接続をする KTEL のヘッドセットを Bluetooth にするドングルみたいなもので、KTEL 純正なので信頼性も抜群。もう 1 年以上使っていますがとても便利です。ところが、これ、去年の震災の影響で部品調達が困難になったらしく、製造が中断・ディスコンとなってしまったのです。

これがないと、FTM-10S とつなげられません。そこで、今のうちに予備を買っておくことにしたわけです。当面、新品のまま大事に保存されることになります。でも予備は 1 個。しかも高価なので、ぜひ、また製造再開してくれることを祈っています。

問題は、BU-2 の取り付け。BU-1 は FTM-10S を買った時に無線機やさんで取り付けて売って貰い、オートバイやさんで無線機をオートバイに取り付けをして貰ったわけですが、今回 BU-2 を買ったのは、自力で取り付けないといけません。オートバイ屋さんは無線機の物自体のことはわからないので、無線機に Bu-2 を取り付けて貰うのは無理でしょう。

私はハードウェアが苦手なので、これを取り付ける自信がありません。はんだ付けするのは勿論ダメですが、本体をあけて何かを取り付ける、という事はなかなかコワイし失敗しそうです。どこかで 3000 円くらいの工賃で取り付けをしてくれないかな…。なさそうであれば、頑張って自分で挑戦するしかなさそうです。

最初から BU-1 がきちんとした製品であってくれれば、こんな事は無かったのですが…。なんにしても、BU-2 を取り付けてオートバイのアマチュア無線運用が安定してくれることを祈ります。改善されたら、VX-8 の BU-1 も BU-2 に換装してみようと思います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

JARL新会員証が来たゾ

Dsc00172

てっきり「にねん」プランで申し込んだと思っていた JARL でしたが、どうやら「いちねん」プランだったようで、口座引き落としと新規会員証が届きました。そういえば 「にねん」 にしても別に安くなるわけでもなんでもなく、特にメリットが無いので 「いちねん」にしたのでした。

さて、この会員証、由緒ある今までの会員証とは違います。ネットでチラっと見てはいたのですが、まさかこの会員証を私が手にするとは思いませんでした。

今までの会員証と、何が違うのかというと…。

以前は一枚のペラペラのハガキに会員証が印刷されていて、それを自分ではさみを使って上手に切り取って使ってね! という感じでした。コレ、切るのめんどくさいし、カドをちゃんと、まぁるく仕上げるのがなかなか神経を使いました。

Dsc00173

ところが新しい会員証は、圧着ハガキに組み込まれる形になっていて、きちんとミシン目があります。圧着ハガキの内面の効果でビニールコーティングされているかのような質感があり、以前の会員証よりは格段に良くなっていると言えます。

とはいうものの、ミシン目が結構粗いので上手に切らないとバリが残りますし、圧着ハガキそのものがそんなに厚くないのでペラペラ感はあります。今まで通り、運転免許証入や従事者免許証入れに一緒に入れておきましょう。

いろいろと経費削減が叫ばれる社会ではありますが、こういう進化は必要だと思いますし、ありがたいと思います。コストは下げれば良いというものではありません。サービスレベルを落とすコスト削減は、単なる 「削ぎ落とし」 です。魅力の無い組織には誰も入りません。 これからもぜひ頑張って欲しいですね。あ、もちろん、本来任務に期待しています。

今年こそは、この会員証を使って社団局の運営に参加してみたいですね。総会が無くなってしまったのは、お祭り的意味合いでも、残念です。ああいうイベントって、会員に組織を意識させる結構意味のあるものだと思うんですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ