« CQ ham radio 2 月号が来たゾ★ | トップページ | JARL新会員証が来たゾ »

2011年4月25日 (月)

CW試験廃止に思うこと

正式に、第三級と同様、第一級ならびに第二級アマチュア無線技士の国家試験から、電気通信術(モールス符号の音響受信)が廃止されることが決定されました。早ければ、今年の冬くらいの試験からそれを反映した試験が行われるらしいです。

その代わりに、筆記試験で現行第三級のように「次の中でSUMMERをモールス符号で書いたものはどれか」的な文章題・選択問題として登場するのでしょう。モールスが、技術(聴取技術)から、知識(符号の暗記)に変わるわけです。

さて、この制度変更。パブコメにかけられた時点でほぼ決定だった模様ですが、いろいろなご意見があるようです。最初に私の意見を言ってしまうと、モールス符号の音響受信を廃止するこの試験制度変更には賛成です。多くの人を敵に回しそうですがw

その理由は、CW が現役ではなくなっているから、というのもさることながら、そもそも無線通信にはさまざまなモードがある中で、なぜ CW だけが試験を課せられないといけないのか、という根拠がないからです。

例えば、パケットで UI チャットをするのにタイピングスキル(スピード、正確性など)や読解スキルを試されることはありません。どの資格でも関係なくパケット通信をすることができます。

もちろん、下手だと打つのが遅かったり、打ち間違えていたりするかもしれませんが、そのスキルをチェックされることはありません。他にも、ATV なんかも同様に ATV に関する実技試験はありません。なのに、なぜ CW だけ試験があるのか、謎です。

歴史を振り返ってみれば、確か大昔は CW と単純な電話しかなかったでしょう。そして、電話に比べて CW は符号の習得から送信・受信スキルまで技術が必要となる「技」でした。したがって、電話とは別に CW には技術試験を受けさせよう、という動きもわからなくはありません。

しかし、今はいろいろなモードがあり、CW もそんなモードの中のたった一つの通信方式でしかありません。思い入や歴史的いきさつ、CW がもたらした無線通信の発展という面からすれば、そういう「通信方式の一片」扱いは気に入らないかもしれませんが、純粋に今、スナップショットで見れば、それが事実でしょう。

そんな中、いつまでも CW だけを神格化し、試験を課しているのは、無線従事者資格が国家資格であることを考えると、思い出や神話に流されるべきではありません。勘違いしている人もいるようですが、アマチュアでも総合無線通信士でも、まったく等しい、無線従事者という国家資格であり「アソビ」ではないのです。

包括的免許制度の話でもそうですが「アマチュアなんだし、手ぬるくてもいいじゃん」なんていう意見があったりしますが、電磁波としてみればアマチュアだろうと重要無線であろうとお構いなしに単なる同じ電磁波です。

アマチュアはアソビだから、と、電磁波が重要無線に遠慮してくれるわけではありません。空間に飛び出たら一緒。したがって、業務局と同じ厳しさや免許のされ方で免許されてもまったく不思議ではないのです。その電磁波の「中身」がアマチュア業務に関するものなだけで、電磁波としてはみんな一緒なのです。

話がそれましたが、CW 以外にもいろいろなモードがあり、それぞれに技術や知識が求められている今となっては、国家資格として CW の送受信能力だけを検査する必要があるとは思えません。無線通信文化の担い手としては、国家資格ではなく、CCIEみたいな民間資格、または情報処理みたいな、免許ではない資格(電信オペレータ5級、みたいな)で維持すればいいでしょう。

維持する必要があると思う人がそれなりにいれば、そういう団体はすぐ作れるでしょうし、われらが JARL が文化の担い手を育成するという意味で補助金を受けて試験・資格制度の運営をすると JARL もかっこよくなりますねw ただ、CW はアマチュアのものではなく、無線通信の文化というところが重要です。

そんなわけで、国家資格としての無線従事者の資格試験に、CW が廃止されるのは、私としては歓迎であり、時代に即した試験内容になってこそ、カビの生えない、世間が認めうる資格になると思います。

余談ですが、QSO していただいた方はご存知の通り、私は CW は大好きです。お空の上でも 6m で SSB だけでなく CW も積極的に出ていました。そして、趣味としてのアマチュア無線においては、CW の 「いかにも無線通信」 という雰囲気も大好きでしたし、他人との競争という意味ではなく、自己満足的な意味合いで、上手にオペレートできると気持ちが良かったです。

ただし、その、モールス符号を愛する意味と、国家資格として試験を課す意味はまったく違うと思っています。

自慢するという意味で、また、難易度が高い方がえらい気がする、という意味では 「それは国家資格の仕事じゃない」 というのが私の意見ですが、そういう気持ちもわからなくはありません。

でもそれは、廃止されたって「私が取ったときは記述式で」とか「送信の試験もあって」とか、最近の話であれば「今みたいなゆっくりとした受信だけじゃなくて」と自慢するのと同様に、今後も「私がとった頃は、モールス信号の試験があって」と自慢すればいいじゃないですか。価値がわかる人なら、わかってくれます。

精神論的な意味合いではなく、国家資格として求められるものは何か。資格のエライ、エラクナイ、難しいほうが価値がある、という視点ではなく、その時代その時代にふさわしい高度な無線従事者が誕生する方が、本当の意味で胸を腫れると思います。

そ・ゆ・意味では、CW の試験があるより「今度上級資格取ろうと思うんだけど、今は APRS や DV モードに関する試験があるから、勉強しないと」「AM て今はほとんど使われないから、問題にもほとんどでない」 みたいな、リアルタイムに今の技術を知らないと今の資格が取れないような試験が理想的です。

資格もろとも 「骨董品」 といわれないように、先進的であるアマチュアを目指したいものです。

|

« CQ ham radio 2 月号が来たゾ★ | トップページ | JARL新会員証が来たゾ »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

いつだったか、上級アマチュア無線技士の国家試験でD-STAR☆の通信方式について解答しなさいという問題が出て大騒ぎになったような気がしますが(w
モールス電信の実技試験廃止は差し支えないと思っています。

投稿: あるふぉんす_JJ2RON_新井健一 | 2011年5月 6日 (金) 10時33分

我が家は私(年齢だけOMの域?)と奥さん、娘二人(中2/中3)が無線やっています。一応、CWも毎週関東の2mロールコールに参加する程度ですが、細々とやっています。
門戸を広げるという点で、私も実技試験は無くした方が良いと思う派です。

ただ思うのは、プロの世界でもCWが無くなって久しい時世に敢えてアマチュアだけは文化継承としてCW技術を残したい気もします。

なんと言っても、簡単なブザーや、豆電球と理科実験で使うスイッチだけでも意思疎通ができる通信の原点を「文化」として後世に残したいと思うのは私だけではないと思います。

YL局でこのような素晴らしいブログを書かれていることに感銘を受けました。ぜひ娘たちにも教えてやります。

投稿: SmilesBack | 2011年6月12日 (日) 10時36分

音響受信廃止後に胸を張って、上級資格目指します。

投稿: kingpin8890 | 2011年6月19日 (日) 23時33分

廃止後、胸を張って上級資格めざします。

投稿: kingpin8890 | 2011年6月19日 (日) 23時40分

電話級が創設されたときは、海外に飛ばない弱い電波ならまあいいか、という主旨でした。
それが海外にやすやすと届いてしまった。
10.14MHzが上級専用というのは、海外と交信するならそれなりの知識、技術がないとダメ、という仕切りですね。
いわゆる国際標準レベル。

ちょっとずれますが、ということは、海外に飛ばない電波ならCWも誰でも出てよい、とするのがいいかなと思いました。つまり50MHz以上の周波数帯では、4級でもCWの運用をOKにする。
習うより慣れろのCWですから試験で仕切るより覚える機会を増やすのがよろしいかと。そうすればCW人工も増えて楽しくなりそうです。

投稿: JO1KVS | 2011年6月25日 (土) 12時31分

「CW試験廃止に思うこと」を拝読致しました。すらすらと書いてあるようですが、なかなかの内容に感服致しました。(他のコメント欄はまだ読んではいません。)
cwの試験は残しておけと言う先輩諸氏のいる中で、自論を分かりやすく丁寧に表現してあり、さすがです。
当方もあなたさまのご意見に賛成です。
また、暇なときによります。

投稿: QRZ | 2011年10月25日 (火) 23時31分

そう、もっと早くからCWの試験なんて止めて、代わりにEnglishの試験を課すべきです。
High powerが扱える<上級免許>は海外に電波が飛んでいきますからね。
そんなことより、早く包括免許にしないとほとんどの局長が電波法違反で捕まっちゃいますよw。

投稿: maeda | 2011年11月28日 (月) 13時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049921/39749172

この記事へのトラックバック一覧です: CW試験廃止に思うこと:

« CQ ham radio 2 月号が来たゾ★ | トップページ | JARL新会員証が来たゾ »