« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月26日 (火)

CQ ham radio 11 月号が来たゾ★

CQ ham radio (ハムラジオ) 2010年 11月号 [雑誌]

ついったーなどで皆さんが 「CQ 誌届いた」 とつぶやいている中で、発売日になっても届かず、とうとう翌日になってしまって届いた CQ 誌。何回かは発売日前日に届いたこともあるのですが、そうでない場合も結構あるようです。残念。まぁ、急ぐ物では無いので良いのですが。

さて、今月号の特集は 「コンパクト設備で楽しむ HF 運用」 とのこと。これは面白そうです。私はマンション住まいで大型の設備は持てませんし、移動運用も体力ない子なので重い物を持っていく気力がありません。なるべく小型軽量にしたいものです。

記事自体を見てみると、特に目新しいお話はありませんでした。というか…HF コンパクトというとすぐ CW になってしまうところがちょっと残念です。勿論私は CW 大好きですが、HF をやってみたい、もしくは HF でもコンパクトに運用したい、という願望と、モードが CW を希望しているかは別問題。

なので、タイトルを見てわくわくして本文見てみたら 「な~んだ、CW か」 という事もあり得ると思います。CW オススメ派としては 「この機会に CW を」 と言いたくなりますが、そこはそれ、人それぞれ目指す物、楽しみ方は違いますから 「SSB でコンパクト HF」 という念頭の方に CW を勧めるのはちょっと上手なやり方ではないと思います。

というわけで…う~ん。コンパクト HF に限ったことではありませんが 「海外とも QSO」 「アパマンでも DX」 という表記の裏には 「でも CW でね」 という返しがある気がします。CW が悪いわけではありませんが、ちゃんと断り書きをしてあった方がいいと思います。

私のスタイルでは、まず SSB でしっかり交信できるような体勢で行きますし、そのつもりで運用します。ただ、不測の事態、例えば SSB だと取って貰えない、呼んで貰えない、あと、特殊な例としては、周囲に人がいて声を出すのがはばかられる場合など、仕方ない場合、あとは希に気分転換をするためだけに CW に移行します。

つまり、CW はバックアッププランなのであり、SSB が運用できることがまず前提。そのため、CW で運用できればいい、という感覚でコンパクト移動をすることはまずありません。そうなると、やっぱり CW だけを対象にした設備紹介や DX 情報はちょっと参考にならないのでした。

続きを読む "CQ ham radio 11 月号が来たゾ★"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »