« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月 3日 (金)

設備の紹介をしよう!

アマチュア無線の交信をしたとき、交信成立となるように、相互のコールサインの確認、RS レポート、そして QTH あたりを確認したりします。あとは QSL カードの交換をどうするか、あたりが定型話題かと思いますが、私はさらにもう一つ、必ずといっていいほど交換して欲しい情報があります。それは 「無線設備の紹介」 です。

以前は比較的、何も言わなくても無線設備の紹介をしてくれる方がいました。例えば 「当方、リグは FT-736 20W で、アンテナは地上高20mの 15エレスタックのウェーブハンターを使っています」 とか 「FT-728 ハンディで付属のアンテナで室内から出ています」みたいな。そんなのどうでもいいよ、と思う方もいるのかもしれませんが、私としては是非欲しい情報です。

なぜなら、それによって、今こちらが受信している信号の状態の説明をつけられるかもしれないからです。例えば 「あんなに遠いけどこんなに強いのは 25 エレの 4 パラ 3 段だからなのねw」 とか 「近くなのに弱いのは 1W だからか~」 とか 「フェージングがあると思ったら、手持ちのハンディだから動くのねw」 とか色々です。

単に 「59」 だけでは、なぜそうなのか、納得がいきません。似たような住所から片方は 51 片方は59、なぜそうなるのか、理由が知りたいところです。裏を返せば、単に 59 というだけではあまり有用な情報とはならないのです。どんな設備を使ってどんな環境から波を出しているか、わかった上で 59 に意味がある気がします。

それによって、あぁ、地上高がこれだけ違うだけでこんなにも差が出るのかな、とか、出力は倍なのにあまり差がないな~とか、色々実感することができますし、そういう情報があってこそ、RS レポートの数値が活きてくると言うものです。

続きを読む "設備の紹介をしよう!"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »