« オートバイのFTM-10Sについて | トップページ | 設備の紹介をしよう! »

2010年8月22日 (日)

2010ハムフェアに行ってきました

今年もやってきました、ハムフェアの季節。ところが私は、オートバイで北海道一周旅行に旅立ってしまったり、お仕事が入ったりしていけるかどうかわからず、予約していたホテルもキャンセル。日帰り参加となりました。

もちろん(?)アンテナが二本生えたオートバイで有明入り。とめるところがあるか不安だったし、見つけられそうになかったので、会場付近の某所に止めさせて貰いました。コールサインが入っているので止まっているオートバイを見れば誰のかすぐわかってしまいますが、やましいことはないので気にしません。

土曜日はほぼ一日、日曜日は、午後からお邪魔しました。ガールスカウトの子供達を連れて行き、少しの時間ですが見ることができました。終盤は会場にいたものの、旅行とお仕事の疲れかちょっと HP が減ってきたので、会場の某所でヒーリング…というか、お茶していたりしました。

それでも見つけて声を掛けてくださる方が結構いてビックリしました。実はあの時あまり元気がなかったので充分ご挨拶できませんでしたが、ご容赦くださいm(__)m。DV での CQ は土曜日は30分ほど出しました。日曜日はほんのちょっとだけ。メインで呼び出しができないのは、残念です。

さて、会場を見て回りましたが、今年はあまり私的にはネタがない…。IC-9100 は下から上までかなりの幅が一台で出られ、かつ、DV にもちゃんと出られるある程度大型の固定機です。ちゃんと USB も装備していて、レガシーシリアルではなく 「普通に」 PC とまともな接続ができます。

ただ、液晶はモノクロ、その上ドットマトリクスではない昔風の物で、あまり機能性は高くありません。普通に声で CQ だすしかしない私には、確かにバンドスコープとかビジュアルでわかりやすい帯域フィルタとかは使う場面がありませんが、それでも見やすい画面は欲しいもの です。残念。買う候補になりませんでした。

ところで、IC-7800 とかの高級機を見る度に思います。同軸ロスを考えたら、送信機はアンテナの近くに置くべき存在ではないかと。高級機を買うレベルの高度な無線家であれば、 一戸建てで自立タワーというケースも多いでしょうから、タワー付近に送信機室を物置か何かで作り、自室からはCat.5eのLANケーブル経由で外部の転 換装置を操作して無線の送受信をするようにすれば理想的だと思います。

タワーから損失が少ないようにと太い23D-SFAクラスの同軸をクネクネとお部屋の中まで引き込み、ノイズの発生源の多い室内に送信装置を置くのは、邪 魔だし無線設備としてはいまいちだと思います。そのため、この手の高級機は、操作部分と無線送受信機本体部分は完全に独立させ、無線機器本体は19"ラッ クにマウントできるような構造にしておくのがよいと思います。

私はまだそんな機械を扱えませんが、将来的に一戸建てとタワーの生活になったら、是非欲しくなること請け合いです。せっかく、100万円くらいの高級機をだすのであれば、そういった、本格的な使い方にも是非配慮した製品を出して欲しいですね。

注目だった、TH-72、APRS 対応ハンディトランシーバ。結論からいうと、がっかりでした。何がガッカリかというと、音量の調整が、昭和の香りのするツマミ式…。今時これはないで しょ、と思いました。VX-8 のような普通の電子式ボリュームにして欲しかったです。こんなアナログなツマミ採用しているのは他に見たことがありませんw

これだと、電気式と違いロックしたときに固定されませんから、腰につけて歩いたときなんかには、上着やすれ違った人などに触れて音量が上がってしまい、耳 を痛める可能性があります。仮にロックできたとしても、ID-91のように、ロックを解除して少しでも音量ツマミに信号が流れると、知らない間に勝手に 回っていた音量に一気に上がるような問題が発生します。

以前も書きましたが、せめて、VX-7のような、ゼロ~最大位置の固定されていないロータリーエンコーダ式にするべきでしょう。それなら、音量の大きさが絶対位置ではないため、ロック中にいくらツマミが回ってしまっても、何の影響もありません。

また、古くなるとジャリジャリ言い出したり、リニアな音量調整ができなくなったりしそう。そもそも、SSB と違い FM の無線機ではそんなに音量はいじるものではありません。
この不景気の時代コストカットなのかもしれませんが、せっかくの新機種なのに買う気が失せました。設計部門の人、古い人なのかな…。今の時代、発想の古い人が設計部門にいることは、企業にとってその企業生命を縮める結果になりかねません。残念です。

あとは、FTIとかルソーとかのタワーを見て、夢を馳せるだけに終わりました(^^; 全体的に、自作/ハードウェア的なアプローチの物が多かったですが、それは楽しみのひとつに過ぎません。もっと、オペレーション、ソフトよりのアプローチの出展も増えて欲しいなぁ、と思いました。ジャンクとか、ハードや自作に興味がないと全く縁がないですし…。

|

« オートバイのFTM-10Sについて | トップページ | 設備の紹介をしよう! »

無線イベント」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

twitterでは@dodgson07
コール= JH4WAWです。

力作ブログ拝見しました。
TH-72、APRS ちょっと残念でしたね。

普段は、BMW F650GSに乗ってTH-F7もって近所の山に登ってます。
それでは、また!

投稿: ドジソン | 2010年8月23日 (月) 23時50分

なかなか、たくさん書くことあったんですね。
改めて…はじめまして
ハムフェア行って周りから声かけられたら恥ずかしいやら照れ臭いやらですね。でも、目的のログがないのは寂しいですね。僕は沖縄からだから中々行けません。

投稿: 平良 | 2010年8月25日 (水) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049921/36325454

この記事へのトラックバック一覧です: 2010ハムフェアに行ってきました:

« オートバイのFTM-10Sについて | トップページ | 設備の紹介をしよう! »