« CQ ham radio 7 月号が来たゾ★ | トップページ | 2010ハムフェアに行ってきました »

2010年7月 1日 (木)

オートバイのFTM-10Sについて

免許を春にとって、オートバイを買って無線機を取り付けました。知人がつけていたのと同じ FTM-10S というバースタさんの無線機をつけています。ほとんど使っていませんでしたが、知人とともにいくつかうっかりしていたところがあるので、今後のために取り付けの上でのメモを書いておきます。

この無線機は、アマチュア無線機ですが、普通のアマチュア無線機とはかなり使い勝手が違います。たとえば、必ずあるはずの [Home(CALL)] ボタンがありません。メインチャンネルを呼び出すのに VFO とともに必ずあり、大抵は [VFO A] [VFO B] [CALL] [MR] という構成になっていますが、これがありません。

メモリはありますが、なんか使い勝手が違う。しかも、グループチャンネルとか…? 昔から、アマチュア的ではない機能が付いているハンディは結構多かったですが、車載器まで、しかもメインチャンネルボタンがないのはかなり特殊だと思います。

おそらく、バイク用ということで、アマチュア無線家ではないアマチュア無線技士向け、場合によっては目的外運用(通信内容にかかわらず、アマチュア無線をインフラ、つまり通信 「手段」 として使うのは目的外運用として電波法違反です)をする方向けの製品なのかもしれません。メーカーがそういう方向を向くのはいくら不景気とはいえイマイチですね。

なので、CQ をだしたり、メインで待機していて呼ばれたら VFO にして、適当な周波数で…というわけにいかないのが厄介です。メモリにメインを登録して…というやり方もできないでもありませんが、ちょっとわかりにくいですね。

  • 取り付け車種: BMW R1200RT
  • 無線機: バーテックススタンダード FTM-10S w/Bluetoothユニット
  • ヘッドセット: B+COM SB213(Bluetooth)

具体的な内容は「続きを読む」にしました。

ペアリングまではふつうの Bluetooth 機器として 0000 をキーとして普通に登録できます。なお、ペアリング後は、必ず 無線機本体→ヘッドセットの順で電源を入れてください。逆だと、たまにリンクに失敗したり、変になります。電源をキー連動にしていて給油などでエンジンを 切ったあと、再度エンジンを掛け無線機の電源が入っても、先にヘッドセットの電源が入れっぱなしになっている事があるのでその時は一度ヘッドセットの電源 を切った方がいいです。

FTM-10S の設定は、次のことを忘れずに実施します。

セットモードの入り方
[VOL/SEL] ボタンを長押し
ダイヤルを回して設定項目を選び [→] ボタンで設定内容に入ります。
F○○ というのは、設定項目番号です。ぐるぐる回して見つけましょう。

"F2 AF DUAL" FM AUTO

FM ラジオを聞きながら、無線が入ったら自動的にそちらに切り替える設定です。AM ラジオがいい人は、AM、外部入力の人は LI を選びます。AUTO は受信したら無線に切り替え、信号が途絶えたら数秒後 FM ラジオに戻ります。HOLD は一度無線になったらそれっきり無線のまま。ここで設定しておくと、ワンタッチメニューからこの内容にて AF Dual が簡単に ON/OFF できます。

"F7 BLU SAVE" OFF
省電力機能ですが、純正ヘッドセット用の機能なので忘れずに OFF にします。これを忘れると、リンク後数分で勝手に Bluetooth 接続が切断される事象が発生します。

"F8 BLU VOX" PTT
PTT の操作を VOX でおこなうか、PTT 操作でおこなうかを設定します。PTT スイッチをつけているので、PTT に設定します。

"F9 CLOCK" ON
時計機能を動作させます。なぜ動作させるような設定が必要なのかわかりませんが…。正しい時刻をセットしておきましょう。もっとも、オートバイの液晶に時 計があるので時計として使うことはなさそうですが、時報などに使います。

"F34 SPEAKER" OFF
これを忘れると、ヘッドセットから音声が流れつつ、一緒にフロントパネルからも音が流れかなり無駄な上に周囲に迷惑ですw OFF にしても Bluetooth からはちゃんと流れるので、忘れないでください。VX-8 のように自動的に切り替わってはくれません。

"F42 STEREO" STEREO
FM ラジオを聞くときにステレオで聴けるので、ステレオに設定しておきます。

"F43 TOT" 10MIN
うっかり PTT スイッチに指が触ってしまい、知らない間に送信になってしまった場合のことを考えて、連続送信時間を 10 分に設定します。オートバイからの会話であれば、10分も話すことはないと思いますので、10 分で区切ります。

次は、個人的に好みで設定するもの。これは、表示画面を [VOL/SEL] ボタンを何度か押して、時計画面にしてから、再度 [VOL/SEL] ボタンを長押しして設定画面に入ります。

"T2 CLOCK BP" ON
設定すると、毎時 0 分に時報が鳴るので、これで時間経過を意識に呼び起こす助けになります。

"T4 12H/24H" 24H
時刻表記を 12 時間表記にするか、24時間表記にするか設定します。私の頭は24時間表記で動いているので、24時間表記にします。

とりあえず、これで動いているようです。メモがてら。

|

« CQ ham radio 7 月号が来たゾ★ | トップページ | 2010ハムフェアに行ってきました »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

メインチャンネルが存在しないだなんて、はじめて知りました。
仲間との連絡用重視の設計なんですね。
バイク運転移動中の通信は注意力が散漫になりがちですのでお気を付けて楽しんで下さいね。

投稿: CB1300SF | 2010年7月 1日 (木) 23時48分

たまたまブログ見ました。はじめまして平良と言います。 ブログ更新待っています。

投稿: 平良 | 2010年8月12日 (木) 22時27分

>CB1300SF さま
そうですね。あまり良い事ではないのですが 「非アマチュア無線家」(インフラとして利用するアマチュアリズムのない免許保持者) 向けに売り出した、という感じがしました。

初心者なので会話に気を取られないように、気をつけて使いたいと思います。

投稿: ゅぃ | 2010年8月23日 (月) 22時30分

>平良 さま
お仕事形態が変わって、あまり更新できなくなりましたが、引き続き宜しくお願いします。

投稿: ゅぃ | 2010年8月23日 (月) 22時32分

初めまして。「オートバイ」と「アマチュア無線」で、リンクを色々巡って辿り着きました。
自宅のアンテナを降ろし、車載リグも取り払って20数年、何故かまた交信したくなりまして、現在局免申請中、リグ購入検討中です。候補にしていた無線機の情報でして、大変参考になります。
また、時々遊びに来ますので、その際はどうぞよろしくお願いします。
では、失礼します。

投稿: Tama_8エリア | 2010年10月19日 (火) 17時44分

> Tama_8エリア さま
初めまして。8エリアには今年の夏、オートバイでお邪魔しました^^

現状、オートバイ用として最適化されているのはこの FTM-10S しかないので、ノイズ対策や、防水、振動対策を考えると一番使いやすいと思います。

私も一時期ブランクがありましたが、やっぱり無線は楽しいものです。いろいろな楽しみ方を見つけてくださいね~。

投稿: ゅぃ | 2010年10月26日 (火) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049921/35604239

この記事へのトラックバック一覧です: オートバイのFTM-10Sについて:

« CQ ham radio 7 月号が来たゾ★ | トップページ | 2010ハムフェアに行ってきました »