« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月28日 (木)

CQ ham radio 2 月号が来たゾ★

CQ hamradio ( ハムラジオ ) 2010年 02月号 [雑誌]

すっかりご無沙汰してしまった CQ 誌レビュー。書こうと思ったのですが、オフィスにいないのでなかなか書くヒマがありません。しかも今月からはオフィスにいなくなります。かといって自宅だとネットしないし、自宅で創作物(?!)を作れない性格なのでいけません。かといってあまり放置も何なので、今回は少しだけ書いてみます。

今回は、FTM-350 が発売されたこともあり、また広告で大きな写真が載っているので 「あ~、欲しいなぁ…」 なんて思いながらページをめくることになりました。今の私の車には設置場所がないのでなかなかむずかしいのです。

特集は 「現代アマチュア無線機を使ってみよう」 というものですが、これは現代のしか知らない私にはあまり関係のないことです。個人的には、ノスタルジック趣味は好きではなく、Amateur は常に進歩的であるべきだと思うので(基礎としての知識以外の)過去には興味ありません。けれど、昔のアマチュア無線機と今のアマチュア無線機の設計思想の違いみたいなところはとても興味深かったです。

ハンディ機購入のフローチャートはちょっと 「?」 がありましたが、おおむね参考になると思います。かくいう私も昔々に買ったのは 430MHz のモノバンド機でした。今では絶対買いませんが、最初はコストも安く操作がシンプルで覚えやすいモノバンド機も良いかもしれませんね。複雑な操作が覚えられず使わなくなってしまっては困りますので。でも 「多彩なバンドを楽しみたい」 で VX-7 にいくのはちょっと…将来性も考えて VX-8 でいいと思います。

ちょっと珍しかったのは IC-7200 の紹介。正直、この機種を使っている(活用している)という人はお目にかからないんですよね…。FT-817 なんかは QSO して移動の話しが出るとかなりの確率で 「持ってます/使ってます」 の声が聞けますが、IC-7200 はまず出てきません。個人的には全体的なデザインは好きなので気に入っていますが、画面が小さいので操作しにくい気もしますし、何しろ移動に持って行くには大きすぎます。

歩いて持って行くには IC-703 の大きさ・重さが限界。むしろあれでもきびしいです。一方、車で行くなら FT-450 くらいのフルパワー出せる物を持っていけますので IC-7200 に出番がなかなかありません。そのため私も活用できていません。ぜひ、IC-703 の直径の後継機を出して欲しいと思います。もちろん、リチウムイオンバッテリ搭載で!

135kHz のお話は自作中心なのでほぼスルーでしたが、話題的に斜め読みするには面白かったです。

パソコン活用ネタで OpenOffice が載っていましたが…これは遠慮したいところです。たまに企業のコスト削減でこれを使っているところがありますが、大抵はファイルを壊して返してきます。互換性がありますよ、と言われてもかなりまだまだです。パワポに埋め込まれた Excel の表が悲惨なことになっていたりと目も当てられません。自分一人しか使わないのなら良いかもしれませんが、個人的にはちゃんとしたオフィスを使うことをお薦めします。

続きを読む "CQ ham radio 2 月号が来たゾ★"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

JARL さん終身会員廃止

私は関係ありませんし詳しくは知りません。おそらくこの制度があった頃は私は小さすぎてそんなお金がなかったか、無線を始めていなかったか、日本にいなかったのどちらかです。なので詳細も、どういう説明でこのシステムが始まったのかわかりません。そもそも 「終身会員」 なのかどうかも、わかりません。

わかりませんという割にはそこが結構重要だったりします。JARL さんの理事報告などでは 「会費を前納している方の取り扱いについて」 と述べられています。つまり、前納であって終身ではありません。10年とか5年とか、まとめて払うことで割引があったりする、あの前納ですね。電波利用料でも使われている方も多いと思います。単なる前納なので、終身とは縁がありません。

そこで、それでは前納だとしたら、何年間の前納だったのかが問題になります。前納の利点は、大抵、5年分払い込みをすると5年間会員資格が得られる。でも、払い込む額は年会費の 5 倍ではなく、4.5 倍や 4 倍などの特典がついてきます。また、たとえ 2 年後に会費が倍に値上げになっても、5年が2年になるようなこともなく、5年間はちゃんと会員でいられたりします。住宅ローンの金利や定期購読の雑誌などと同じような、先払いのメリットがあるわけですね。

でも残念ながら私の手元には、いったい何年の前納だったのか情報がありません。ネットを検索して出てくるのは、前納ではなく、あくまで「終身会員」という扱いです。そうなると、昔は終身会員と言われていたのに、JARL さんが都合が悪くなったので、前納とあえて呼び方を変えて、イメージを変えようとしているのではないかと勘ぐってしまいます。

前納であれば、その前納期間を終了すればサービスが終わるのは当たり前です。ただ、もし終身会員だった場合、サービスを終了することはできないはずです。今回、JARL さんは前納をされている方(以後、終身会員)のサービスを一部とはいえ根幹部分のサービスを終了することを表明しているので、終身ではあり得ないわけですが…。

もし終身だった場合は、大問題です。財政難であろうと関係はありません。終身である、という条件があるからこそ、自分の年齢を考え、何年無線をやるか考え、手元の財産と比較して、その結果終身という契約を結んでいるわけです。終身会費が払い込めることが必ずしもお金持ちとは限りません。むしろ、お金が無く貧乏だから、毎年払い続けるお金を少しでも減らしたい、だから、終身会員になって生涯コストを下げようとする人もいるでしょう。

その場合、他のほしい物などのコストを削って、夏休みの旅行を我慢したり、貯金や株を取り崩したりしてなんとかお金をかき集めて、払ったかも知れません。でも、終身なので一度苦労してしまえば、後は問題がない、安心して会員サービスを利用できるはずです。そういう条件で、高額なお金を一度に払い込んでいるわけです。

企業や団体が一度に払ってほしいのは、英会話教室などでも見られるとおり共通のことです。ただ、当然一度に払うお金は会員側にもないし、負担も大きくリスクにもなるので、多くの人は毎月や毎年などの小分けにして払います。そこで、5年分払えば半年無料になるとかの触れ込みで、一度に払って貰うように働きかけるわけです。当然、そうやって資金を集めた以上、5年間はその費用でサービスを続ける必要があり、お金が無くなったからと期間を短縮したり約束されていたサービス内容を縮小したりすることはできません。

ここから先はちょっときつい話題になるので興味のある方のみ「続きを読む」でどうぞ…。

続きを読む "JARL さん終身会員廃止"

| | コメント (17) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »