« 05月26日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 06月07日のココロ日記(BlogPet) »

2009年6月 1日 (月)

モービルアンテナと高さ制限

昨日は映画を見に行きましたが、懸念されるのは駐車場です。どこへ行くにも駐車場が心配。地方なら良いのですが、都内での活動に車を使わない理由の一つに駐車場があります。一つは、まずそもそも駐車場があるのかという事。公共交通機関でどうぞ、なんて書いてあって駐車場作成コストを浮かせていたりします。こまったものです。

かといって、近隣の駐車場を探してウロウロするのは嫌いなので、電車で行くことになります。狭い道や人の多いところを、駐車場を気にしながら運転するなんて事故の元ですし。仕方ないので電車で行くことにしますが、当然足が遠のくのはいうまでもありません。沢山買うと持って帰るの大変だと思うと、お買い物もあまりしませんしね。

エコのためといういいわけで駐車場を作らなくても済むようになった最近ではなく、昔からあるデパートや観光施設は駐車場が大抵あるので安心です。でも、駐車場があれば心配がないかというとそんな事はありません。なぜなら、都心部では立体駐車場がほとんどだからです。

立体駐車所というと、避けられないのが高さ制限です。2.1m まで、または 1.9m までというところが殆ど。中には旧式の循環型機械駐車場では 1.6m 程度しかダメというところもあり、結構大変です。しかも、高さ制限は駐車場情報に情報がないことも多く、入る直前になった 「え?!」 という事がかなりあります。ひどいところになると、中に入って、ゲートのところで初めて高さ制限が明記されていたり…。

私の車は、SG-7900 と SG-9600 という日本のアンテナが生えていて、たぶん 2.7m ないと通過できません。2.3m でも通れたかもしれませんが、定かではありません。一般的には、 2.1m がポピュラーなので到底そういう所には停められません。

高さ制限のある駐車場でも、最悪降車して後ろの車に待って貰い、アンテナを折りたたんで高さ制限部を通過する手がありますが、一度止まり、降りて、アンテナをたたんで、また乗り込んで、発進をするという動作を後ろの人に待って貰うのは、文字で書くよりずっと 「長い時間」 に感じられます。結構迷惑でしょう。

また、入るときそれでクリアしても、出るときはまた展開をしないといけません。しかも、出口は結構出るときに誘導員が居たりしてさっさと出るように促されるため、止まってアンテナを展開する余裕がなかったりします。特に、信号のタイミングに合わせて一気にまとめて難題も出すよう誘導整理をしている場合には、私だけ止まってしまうわけにはいきません。

かといって、たたんだまま走るわけにはいきません。アンテナをガラガラ言わせながら道路に出てから停車してアンテナを治さないといけません。これが、すぐに止まれればいいですが、場所的に停車が困難だったりすると厄介です。そういう心配をしないといけないのはかなりストレスなので、困りものなのです。

私は気になることがあると落ち着かない人なので、そういうところに停めてしまったら、映画を見ていたりお買い物をしている間も 「出るとき厄介かも…」 なんて気になって仕方なく、落ち着いて楽しむことができない事でしょう。なので、ぜひ平面駐車場か高さ制限があまい駐車スペースも用意しておいてほしい物です。

平面駐車場に止まるのは、高さ制限があると困るからなわけで…裏を返せば、高さ制限がない低い車は平面に停めないでいただきたいものです(TT 平面駐車場がある施設でも、平面駐車場に、立体でも全く問題がない低い車が沢山とまっていて入れない場合も多いです。

できれば高さ制限に引っかからない車は立体に、そうでない車だけを平面に許可するように誘導してほしい物ですが、人が立ってある程度の誘導をしている駐車場ですらなかなかそういう場面は見られません。もちろん、高さの低い車は立体が満車なのに平面に停めるのは許されない、というのはやり過ぎだと思いますが、立体がいっぱいにならない限り平面に高さの低い車は停めないように誘導して欲しいと思います。

たまに、そういうのが実行されている駐車場がありますが、誘導員の人も、アンテナのことが全くわからないようで、私の車や知人の車も立体に誘導されることがあります。高さがダメだからと告げると 「入る前にアンテナを引っ込めてください」 なんて言われます。ラジオのアンテンじゃあるまいし、伸び縮みなんてしませんw

アンテナを倒すにしろ、ほんの数十秒とはいえ、車列の流れの中では誘導員の方がイメージするほど短時間なわけではないのはいうまでもありません。特に、出口の誘導員までが考慮してくれるわけではあるまいし、この辺りの認識のなさはなかなか厳しい物があります。まぁ、アマチュア無線という物がすっかりマイナーになってしまった昨今、仕方ないのかもしれませんが。

そういえば、世の中には電動基台なる物がありますが、残念ながら小型のアンテナしか取り付けできないのと、自分で取り付けるのが難しいのが欠点です。あれが使えれば、駐車場に入る手前でボタンをぽちっとな、するだけでアンテナが自動で倒れ便利そうですし、出るときもぽちっとなで自動で元通りになるので良さそうです。

アンテナが大型になると、重さがあるので倒した利本に戻したりするときによりしっかりした構造が必要になり、モーター(?)もパワーがいるようになると思います。それだけ風の抵抗を強く受けます。メーカーの書いてあるのより大型のアンテナをつけると耐えられなくなって破損する可能性が高いので無理。速度も…考えると難しそうです。

公称では、モービルホイップで 1.4m /450g のアンテナまでだそうですが、そのくらい短くなると、むしろ高さ制限をクリア出来る可能性が高くなり、倒さないといけないシーンが激減して、何のために電動基台をつけたかわからなくなりそうですw

釧路総会にもアンテナを沢山つけた車が本土からも北海道内からもおいでになっていましたが、皆さん普段のお買い物で車は使われないのでしょうか。高さ制限の問題をどうクリアしているのか、興味があるところです。

そういえば、昔はモービルアンテナには盗難防止リングをつけるのが定番だった気がしますが、今はどこでも売ってませんでした。秋葉原のロケットさんでも探しましたが、無いそうです。

「泥棒が取ろうとしても盗難リングをつけてあってアンテナがとれないと、腹いせに車蹴飛ばされたり無理に基台ごと曲げられたりしていたずらされ、トランク本体まで曲げられたらかえって高く付くからじゃないかな(アンテナを取られた方が安上がり)」 とおっしゃられていました。知人が 「それってアンテナを取られればまたアンテナが売れるという(ry」 と言ってましたが、勿論冗談ですw

確かに、SG7900 は約 1 万円。トランクに力が加わって曲がってしまったら、板金/塗装費用と修理費用はもっと高くつきそうです。もちろん基台も買い直し。アンテナだけなら取り付けもすぐですが、基台やケーブルとなると取り付けも大変です。一見無事でも嫌がらせのために、こっそり引き込み同軸の見えにくい部分をパチンと切られていて、電源入れて送信した途端に無線機がお亡くなり、というのもイヤですしね。

|

« 05月26日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 06月07日のココロ日記(BlogPet) »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

>公共交通機関でどうぞ

鉄道使えよヴォケ!!

投稿: 任意 | 2009年6月 1日 (月) 17時18分

駐車場のお兄さん・お姉さんが優しいと、大変助かります。アンテナ脱着のためだけに停車場所を提供していただけると、「また今度もココを利用しよう」と思うわけです。
盗難防止のため、打刻して良いならばコールサインのレーザー加工をお願いしたいところです。でも、サビの解決法は? レッテルやデカールで代用できない(剥がされる)ので、技能職に期待します。
車のアンテナでは破壊されて板金のお世話になった過去もありますし。
無線機は交流や研究のツールなので、災いしてアンテナの現地調達ということもあります。快く楽しみたいですね。

投稿: あるふぉんす | 2009年6月 1日 (月) 21時10分

 アンテナをたたむ時間や車を一時停止することなど、気になる気持ちはよ~くわかります。
 当局のモービルも長いアンテナが2本付いています。自宅では基台の折りたたみ機構を使って昇降式立体駐車場に入れています。車を出したらアンテナを立て、車を入れるときにたたんでいます。外すと長いアンテナを車内にしまうことになり、それもまた邪魔になりますし、大抵は長いアンテナを揺らして走っています。こちらは郊外なので、立体駐車場を避けていてもまあまあ事足りますが、立体を避けて行動していることは否めません。
 行く場所が明らかに立体しか無い時などは外してから行きますが、最初からアンテナを外していると気軽にどこでも突っ込めて、わずらわしさの無い心地よさを堪能するときもありますが、長いアンテナを揺らしていろんなバンドを聞いて走るのも楽しみなので、やはりこちらが標準です。
 ハムフェアや、みんなで移動運用するときなど、長いアンテナ付けた車が集まる場所に行くときが一番楽しいですね。
 モービルハムのイベントでもやりたいですねぇ。

投稿: JO1KVS | 2009年6月 1日 (月) 21時14分

バブル前の昔の話です。
都会部の土地が中途半端に余ると、駐車場経営へ移行
する地主さんが結構ありました。ビルを建てるのには
土地が足りず、テナントも出入りが激しい、となると
都会部へ流入する車持ちを狙って、こぞって駐車場を
建てたものです。で、立体駐車場の建築費用はカタロ
グどおりのふざけた定価と金貸し会社で決まっている
ものですから、何年で償還するか考えるわけです。
ユーザーの視点ではないし、しかも借りて返す。
いかに沢山の車を低い床へ押し込めて、メリーゴーラ
ンドよろしく大量に回転させて、いかに採算を取る
(返済・税)かです。
そういう構造があるものですから、今から高床の立体
駐車場を建るような者も「パン・高床OK」を先進的に
採用した者も少ないでしょう。
料金が多少割高でも、大型・3ナンバーOKの立体は、
重宝しますが、そうそう儲かるわけでもありません。
カーゴが少ない、建築費が高いうえに利回りが悪い。
平地の駐車場の方が建築費はかかりにくいですから。
地主や運用会社の先見性にかかってくるわけです。
・・・こうなると甲乙つけがたいです・・・
ハコモノは建てちゃった以上、建てた自分に文句は
言えないし、天につばを吐いても自分にかかるだけ
でつまらない。

さて、未来に残した負債をどう片付けるのか
来年の総会はどうするつもりなのかしらと?

投稿: あるふぉんす | 2009年6月 2日 (火) 19時09分

> あるふぉんす さま

そうですね。やっぱりお店の側が対応してくれると、ここを使おうと思います。たまに無線をやったことがある人が対応してくれて、とても親切にしてくれる事も観光地(ホテル)なんかであったりしますが、スーパーとかだとなかなかないですね。

電車やバスできてください、と言われたら、お買い物した重いのを持って階段を上り下りしたり電車の混んだ中に乗って帰るのいやなので、このお店は利用しません、となるだけですし。利用するとしても、重くなるとイヤだからと、最小限しか買わなくなります。

アンテナは盗難して、名前が書いてあったもご近所さんでもない限り偶然見られることもないでしょうから、気にされない確率が高いです。学校や会社の中なんかだと 「名前書いてあるでしょ」 とエビデンスに使えますが、遠く離れた地でもって枯れてしまうと、派手に目立つ加工でもしてない限り無理そうです(@@

駐車場は、バブルに建てられた物は管理しにくく、かつ、長持ちしないようで建て替えられている物もちらほらあるようで、そちらに期待です。特にワンボックス系が増えたのに 1.7m 高さ制限では難しいと思います。でも、私の場合、なにしろ長いですから 「デリカ OK!」 なんて書かれてるところでもアウトです(@@

来年の総会は、無事駐車場があると良いですね。でも、名古屋は移動運用難しそうなので、普通に職場の便乗を利用しようかな、と思わないでもありません。ドライブ好きとしては微妙なところですが。

> JO1KVS さま

私はアンテナそのものの折りたたみ機構を使っています。アンテナ・基台のカタログに 「このアンテナには大型の基台を使ってください」 と書いてあり、それに対応したのが前後には調整機構がないタイプの基台でした。その為、アンテナのスプリング機構を使って倒しています。

自宅の駐車場は、私も立体(上下式の中段)ですが、自宅の場合はある程度のんびりできるから良いんですよね。でも、雨の日は辛いですし、運悪く他の人が出入りするときは一瞬だけですが気まずいですね。もっとも、デパートや皇居駐車場で、混雑していてみんながイライラしているときに、止まってアンテナをなおして待たせることに比べればなんてことはありません(@@

一応、430MHz/2m には、自動車電話風のアンテナ、6m には短い 1m 程度の物もトランクに入れていて、それに付け替えることもできるのですが、やっぱり長さがないとダメですね。アンテナを外すのは、洗車の時だけです。手洗いなのですが、前段階のぬらすところと泡の吹きつけは、従来型の洗車機みたいなところを(非接触で)通してから手洗いするようなので、アンテナはつけたままにできないのです。

その時だけは、二本ともはずして、コネクタ部分にキャップをして預かって貰います。このキャップ、なかなか売ってないんですよね。

投稿: JO3KPS/1 | 2009年6月 8日 (月) 11時23分

高さ制限がない低い車は平面に停めないでいただきたいものです

自己中過ぎて草

投稿: 絵スマホ絵スマホ | 2017年11月25日 (土) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049921/29893929

この記事へのトラックバック一覧です: モービルアンテナと高さ制限:

« 05月26日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 06月07日のココロ日記(BlogPet) »