« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

06月28日のココロ日記(BlogPet)

むーちゃんめぇ…

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

電波法令集の備え付け義務廃止

今日の官報によると、電波法施行規則の一部を改正する省令(総務省令第62号)により、電波法施行規則第38条が改正され、2009 年 7 月 1 日から施行されることとなったようです。これにより、電波法令集やその抄録をお家に置いておく必要がなくなります。

ただ、法律で備え付け義務は廃止されましたが、国家資格を取り、その上で電波法に従い免許を受けて運用する無線局です。運用上不明な点があったり、あやふやだったり、確認するべきところが生まれた場合には、直ちに正しい情報を入手し、それにしたがって運用する義務があります。

その為にも、すぐに確認できるよう、無線設備の常置場所には、引き続き、電波法令集(またはその抄録) を任意で備え付けるようにしたいものです。ログや時計などと同様、法律による備え付け義務にかかわらず必要である物をしっかり揃えておくのは、無線局としてのあるべき姿だと思いますので、おすすめします。

薬局など無線局と同様、国家資格を用いて運用される場所では関係する法律に関する書物を備え付けておく義務があるのは、一般的な事ですので…。義務ではなくなりましたが、それはむしろ 「有資格者として必要と思われる物は自分で判断し、備え付けておきなさい」 という事だと考える方が、よりよいかもしれませんね。

「義務じゃなくなったんだし、捨てちゃえばいいや~」 では、有資格者としての姿勢と判断力に疑問を持ちます(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

06月21日のココロ日記(BlogPet)

今週の『週刊ブログ妖精』は北海道特集らしいですよ!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

発電機くんオイル交換

Dsc01058_r 去年も全く同じタイトルで日記を書いてますが、やっとオイル交換をしました。金曜日に車のオイル交換を済ませ、今日は発電機のオイル交換です。HONDA EU16i のオイル交換をしてきました。といっても、車みたいに誰かがやってくれるわけではないので、自分でするのです…。

今までオイル交換の日記がありませんでしたが、ソレもそのはず、結局今年の冬は全く移動運用らしき移動(車で発電機を使っての移動)をしませんでした。ハンディ片手に…程度はしましたが、それ以外はぜんぜん。発電機の出番も全くなく、結局去年の夏前に交換したのをそのままの状態にしていたのです。

交換する場所はいつもの多摩川の河川敷…という事で、朝から出かけてきましたが…あれ?! あいてない…。こまりました。週末ならいつもは開いてるはずですが…しかも夏になってきたのでそろそろあいていても良さそうなシーズンです。しばらく来ていませんでしたが、前の日記では 9 時には作業してるので、あいていてもいい時間です。

もともと河川敷まで車で降りられる場所はかなり限られていて、ブログでたまに見かける 「河川敷で移動運用」 なんて、いったいどうやってやっているのか不思議でなりません。ここはそんな中、河川敷まで降りられる数少ない(私にとっては唯一知っている)場所です。開いている根拠は、売店があり、そこを使って釣りなどをしている人がいるからなわけですが…あいていません。

困ったのでそのまま走り続けたのですが、当然河川敷まで降りられそうな場所は皆無です。発電機は騒音が出ますから住宅の近くでは無理で、できそうなのは河川敷くらいしか思いつかないのですが、ありません。仕方なく、河川敷に作られた公園 「稲城緑地公園」 でする事にしました。

ここは舗装された駐車場があり、河川敷ではなく堤防の手前です。以前は小さな駐車場と広場があるだけですが、すっかり綺麗に整備され、遊具と拡張された駐車場と広場があります。その分、人も来やすく、この時期はタープを張ってバーベキューをしている人がいます。なんか US の公園みたいな光景です。

その為、発電機を使って騒音を出すのは気が引けます。それでも公園の場所まで音は聞こえません。気が引けるのは、駐車場の片隅で発電機を回していると何事かと思われる事ですw あとは駐車場内の余地はスペース的に余裕があるものの、バーベキュー荷物を運んでいたりする片隅にいるのは、目立つ事くらいでしょうか。

その為、あまり理想的な場所ではありませんが、EU16i はオイル交換をして、少し回して古くなったガソリンを消費して目詰まりになりかけているところを少しでも回復させる必要があるので逃せません。少し運転させて燃料を飛ばしたら、オイル交換をして冬まで封印の予定です。

そんなわけで、駐車場の片隅で作業をしてきました。さすがにこの雰囲気では移動運用はできないです。古いオイルをスポイトで吸い出し、"エーモン:カンタン廃油処理 ポイパック" という化学繊維が詰め込まれた箱に入れます。これは、箱の中の化学繊維にしみこませる事で、オイルを燃やすゴミとして捨てられるというもので、一箱 2.5L のオイルを処理でき、300円くらいで売っています。発電機のオイルは 400ml しかないのでもったいないですが、これが最小サイズなので仕方ありません。

ビックリしたのは、オイルを吸い出してみると、まだ綺麗な色だという事です。当たり前と言えば当たり前。去年封印前に交換して、そのままだったのですから。でも、1時間ほど運転しても殆ど色に変化がありませんでした。EF900iS は結構汚れた記憶があるのですが…。もったいないですが、オイルは運転時間の他年月でも劣化するので、交換です。

交換に使ったのは、車に入れているのと同じ SPEEDMASTER の "CODE 705" という 5W-30 の廉価版オイルです。1L で 1,700円也。本来は 400ml 使うはずですが、全部オイルを抜く事が難しく、善良交換にはなっていません。今回も 300ml しか消費しませんでした。つまり、1L あれば 3 回分。一回あたりのコストは 600 円くらいですね。このボトルはプラスチックでキャップができるので、他の感の製品と違い、少し使って保存しておく事ができるので便利です。

ちなみに、発電機くんは一年近く全く使わなかったのにもかかわらず、エンジンは一発始動です。すごいw この辺は、収納時に一度ガス欠にする事でエンジンから途中経路のガソリンを抜ききり、運転スイッチを停止状態にして燃料コックを閉めた状態でタンクにガソリンを満タンにしておいた事、また、オイルも廉価版とはいえそれなりのグレードの物を使っている事、あと、清浄剤が入っていると噂の ENEOS のレギュラーガソリンだからというのがあると…かもしれません(@@

EF900iS のオイル交換がまだですので、時間を見つけて早めに交換したいと思います。なにしろ、今シーズンこれから活躍して貰うわけですし…。あと、エアフィルタの洗浄にも挑戦してみたいと思います。これは、濃いめのママレモン溶液(ぬるま湯)に入れてもみ洗いをして、2~ 3 日陰干しをして、乾いたらオイルをしみこませる方法で試してみたいと思います。ママレモンは実際には持ってないので、何か中性の洗剤を探して使おうと思います(食器洗い機のは基本的にアルカリ性なのでダメ)。

問題はいつするかですね。20日の週は予定があるし、27日の週だけが頼りです。でも、多摩川の河川敷 (川崎市多摩区) が開いてなかったらどうしよう…。あのお店廃止になっちゃったのかなぁ。前に河川敷を火事にした人が下流の方でいたと思うので、その影響?! こまったことです。日本は車で行ける場所が少なく、ホント不便です;;

----
追記: 先述の多摩川河川敷のお店ですが "たぬき屋" というお名前のようですね。多摩川河川敷 たぬき屋 でググると出てきます。それなりにお客さんが入っているとはいえ、今も営業しているか謎です。営業していても車が入れなくなったりしていない事を祈るばかりです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

06月14日のココロ日記(BlogPet)

ゅぃさんと1分でも1秒でも一緒にいたいのに……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

綺麗な符号

私は比較的、モールスを打つなら綺麗に打てるように、という事を念頭に置いて教えています。汚い符号で速く打つより、綺麗な符号で少しゆっくりで打った方が良いという方です。英語も同じで、変な発音でなめらかに喋る(=訛り)より、正しい発音・発話で少しつっかえても良いからゆっくり喋る事を推奨しています。

夢の中で、このことを指摘されてしまいました。どういう事かというと、結局の所 「多少ゆっくりでも良いから正確に綺麗に打つ事、速く打つなら、正確に打てる事が大前提」 というのは、私がちょっとでも乱れた符号はとれなくなる、という弱点があるからじゃない? というものでした。

確かにその通りです。速い符号でもとれますが、あくまである程度きちんと打てている場合だけです。変に長点が長かったり、リズムが不揃いだったり、gdgd になっている符号は低速でも結構とれなくなる人です(&低速すぎると綺麗でもとれなくなる)。別に、自分がとれないからと、他人に 「綺麗な符号を打ちましょう」 なんて言っているつもりはありませんでしたが、考えてみれば、確かに自分が困る経験があれば、無意識のうちに、そうならないように発言する事もあるのかもしれません。だからこそ、夢に出てきたのかも…。

綺麗な符号であればかなり高速でもきちんと取る自信がありますが、少しでも乱れた符号は中速でも厳しいです。自宅では聴けませんが、無線屋さんでたまに 7MHz などで受信されている符号を聴いていると、結構バラバラなすごい符号を打ってるのを耳にして、それをデコードできない自分が居ます。

# けど、複数の局が同時に呼んできているのをまとめて受信するのは結構得意ですw(それぞれ微妙に周波数と打電速度が違うので分離しやすい)

あまりにもひどいのは別にするとしても、そこそこクセがあったり乱れがあっても、高速で送られてそれを正確に受信できてこそ、立派な通信士だと思うので受信できるべきだとは思いますが、なかなか厳しいものです。英語も同じで、訛られると途端にダメになります。標準に準拠していればそこそこ自信がありますが、そこから少しでも外れると一気に性能が落ちる機械みたいな物ですね…。

「貴方の符号は不揃いで何を送っているのかわからない。もう少し落ち着いて正確な符号を送ってください」 という電文を非常時に送っている夢を見た事がありますが、そんな事言う前に、ある程度乱れていてもちゃんと受信できるように自分自身練習する必要があるのかしら、なんて思うのでした。でも、そんな練習ってあるのかしら?w

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

移動用電源 ~蓄電

Dsc01057_r 発電機を持って行ける車での移動運用なら良いのですが、公共交通機関&徒歩で行く遠隔地の移動用の電源には悩みが尽きません。世の中には 12V で出力される電池が殆ど無いからです。唯一簡単に手に入るのは車に使われるバッテリですが、これは鉛の塊ですので重くて仕方ありません。漬け物が作れる重さです。

世の中で一般的なバッテリと言えばリチウムイオン、またはリチウムポリマーで、これは携帯電話からラップトップパソコン、ゲーム機など殆ど全ての機器で使われていますが、残念ながら 12V で出力される物がなかなか市販されていません。市販されていても単体でバッテリとして無線機に使用できなかったり、充電器がなかったりして、事実上使い物にならないことが多いです。

妥協点として、15V 程度のラップトップ用外付けバッテリを使う手があり、私も FT-817 の運用ではこのお世話になりますが、目的外使用であり自己責任の感が強いこと、また、15V という電圧はハンディや一部のトランシーバには電圧が高すぎて許容範囲を逸脱し使えない、または使えても保護回路が働いて送信出力が勝手に Low になってしまったりして、使えません。

そうなると、昔ながらの乾電池。でも、使い捨ての乾電池はコストが高すぎますし、すぐになくなってしまいますので、ニッケル水素バッテリなら、この辺安心です。大きさと容量のバランスから現実的には AA サイズ(単三) になると思いますが、円筒形が占有する体積の割に容量が少なく、直列で 12V を出せる 10 本になると結構お荷物になってしまいます。

リチウムイオンに比べたら体積の割に容量が少ないですが、リチウムイオンが比較的高価なのに対して、ニッケル水素はよく売られていて安価で入手も容易です。一度買ってしまえば、あとはホテルなんかで充電することで電気代はタダです。無料のエネルギーで電波を出せてお得です。

ところがそんなニッケル水素電池。充電器が悩みの種です。10本という大量の本数を使用することは、あまり一般的ではありません。例えば、時計なら AA 電池 1 個、ワイヤレスマウスやテレビのリモコンでも 2 個といった感じで多くても 4 本程度しか使わないことが多いようです。そのため、充電器も AA を同時に充電できる本数は 2~4 本程度が一般的で、多くても 6 本程度しか見たことがありません。

そうなると、旅行に行くときに持って行くとしたら、4 本急速充電器を 2 個または 3 個ガラガラと持っていく必要があります。これは邪魔になりますし、コンセントも 3 口占有されてしまいます。複数の充電器を持って行きたくなかったり、ホテルなんかで充分なコンセントの口がない場合、終わり次第充電器を取り替えたりする必要があり、気が休まらないどころか、一晩で終わらない可能性も出てきます。

AA サイズの Ni-MH バッテリを 10 本まとめてポンと充電できればいいのに…なんて思いますが、そういう物は秋葉を捜してもなかなかありません。そもそも、電池を入れるための電池ボックスですら、10本入りはなかなか売っていません(千石さんの地下で売ってますが、ホームセンター系ではなかなか…)。けど、複数の充電器を買うのはお金ももったいないし、持って行くのめんどくさい…。

そこで登場するのが、ネクセルのこの充電器です。なんと、この充電器は AA サイズの Ni-MH または Nicd バッテリを 10 本一度に充電できます。なので、移動運用からホテルに戻ったら寝る前にセットしておけば翌朝にはチャージ終了です。この充電器の良いところは

  • 一度に10本充電できる
  • 1本ずつ個別にステータスランプがある
  • 全スロットで AA だけでなく AAA も混在で充電できる
  • 9V 電池も充電できる
  • リフレッシュ機能つき (リフレッシュ→充電自動開始もできる)
  • 電源としては AC アダプタでコンセントの他、12V 入力が可能→シガー用ケーブルも付属

などです。重さも軽く普通の充電器という感じなので旅行に持って行くのにも大して苦になりません。電源に付属の AC アダプタの他、シガープラグからのケーブルも付属するので車の電源から取ることもできます。

12V の秋月の AC アダプタなどをホテル室内でハンディや FT-817 などを使う為の外部電源として持ってきていれば PowerPoles で分岐して、無線機と同時にこの充電器にも同時に電力を供給することができ、充電できます。その場合、AC アダプタを兼用できるためさらに荷物が減らせます(充電器本体だけ持ってくればいい)。

リチウムイオンの外付けバッテリパックを持っていない、もしくは自分の無線機では電圧の関係で使える物がない、なんて言う場合、汎用性の高くcostもある程度安くて済む AA のニッケル水素電池 10 本を使う、なんて言う方もいらっしゃると思います。

そんな方には、最大 10 本一度に充電できるこの充電器がおすすめです。自宅でも手間が省けますし、旅行なら手間と荷物の量が減らせて便利です。旅行の時に私はホテルでこれで、10 本のエネループを寝る前に充電し、電池ケースに入れ替え翌日 FT-817ND につないで使うことがあります(メインはラップトップ用のリチウムポリマーの外付けバッテリですが)。

セットしておいておけば、10本の充電が一度で仕上がります。最大 9 時間かかるので、睡眠時間が短い人には問題ですが、大抵は一晩で充電が終わるでしょう。おすすめ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

06月07日のココロ日記(BlogPet)

遅い北を抱き枕にしたら気持ちいいですかねぇ……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

モービルアンテナと高さ制限

昨日は映画を見に行きましたが、懸念されるのは駐車場です。どこへ行くにも駐車場が心配。地方なら良いのですが、都内での活動に車を使わない理由の一つに駐車場があります。一つは、まずそもそも駐車場があるのかという事。公共交通機関でどうぞ、なんて書いてあって駐車場作成コストを浮かせていたりします。こまったものです。

かといって、近隣の駐車場を探してウロウロするのは嫌いなので、電車で行くことになります。狭い道や人の多いところを、駐車場を気にしながら運転するなんて事故の元ですし。仕方ないので電車で行くことにしますが、当然足が遠のくのはいうまでもありません。沢山買うと持って帰るの大変だと思うと、お買い物もあまりしませんしね。

エコのためといういいわけで駐車場を作らなくても済むようになった最近ではなく、昔からあるデパートや観光施設は駐車場が大抵あるので安心です。でも、駐車場があれば心配がないかというとそんな事はありません。なぜなら、都心部では立体駐車場がほとんどだからです。

立体駐車所というと、避けられないのが高さ制限です。2.1m まで、または 1.9m までというところが殆ど。中には旧式の循環型機械駐車場では 1.6m 程度しかダメというところもあり、結構大変です。しかも、高さ制限は駐車場情報に情報がないことも多く、入る直前になった 「え?!」 という事がかなりあります。ひどいところになると、中に入って、ゲートのところで初めて高さ制限が明記されていたり…。

私の車は、SG-7900 と SG-9600 という日本のアンテナが生えていて、たぶん 2.7m ないと通過できません。2.3m でも通れたかもしれませんが、定かではありません。一般的には、 2.1m がポピュラーなので到底そういう所には停められません。

高さ制限のある駐車場でも、最悪降車して後ろの車に待って貰い、アンテナを折りたたんで高さ制限部を通過する手がありますが、一度止まり、降りて、アンテナをたたんで、また乗り込んで、発進をするという動作を後ろの人に待って貰うのは、文字で書くよりずっと 「長い時間」 に感じられます。結構迷惑でしょう。

また、入るときそれでクリアしても、出るときはまた展開をしないといけません。しかも、出口は結構出るときに誘導員が居たりしてさっさと出るように促されるため、止まってアンテナを展開する余裕がなかったりします。特に、信号のタイミングに合わせて一気にまとめて難題も出すよう誘導整理をしている場合には、私だけ止まってしまうわけにはいきません。

かといって、たたんだまま走るわけにはいきません。アンテナをガラガラ言わせながら道路に出てから停車してアンテナを治さないといけません。これが、すぐに止まれればいいですが、場所的に停車が困難だったりすると厄介です。そういう心配をしないといけないのはかなりストレスなので、困りものなのです。

私は気になることがあると落ち着かない人なので、そういうところに停めてしまったら、映画を見ていたりお買い物をしている間も 「出るとき厄介かも…」 なんて気になって仕方なく、落ち着いて楽しむことができない事でしょう。なので、ぜひ平面駐車場か高さ制限があまい駐車スペースも用意しておいてほしい物です。

平面駐車場に止まるのは、高さ制限があると困るからなわけで…裏を返せば、高さ制限がない低い車は平面に停めないでいただきたいものです(TT 平面駐車場がある施設でも、平面駐車場に、立体でも全く問題がない低い車が沢山とまっていて入れない場合も多いです。

できれば高さ制限に引っかからない車は立体に、そうでない車だけを平面に許可するように誘導してほしい物ですが、人が立ってある程度の誘導をしている駐車場ですらなかなかそういう場面は見られません。もちろん、高さの低い車は立体が満車なのに平面に停めるのは許されない、というのはやり過ぎだと思いますが、立体がいっぱいにならない限り平面に高さの低い車は停めないように誘導して欲しいと思います。

たまに、そういうのが実行されている駐車場がありますが、誘導員の人も、アンテナのことが全くわからないようで、私の車や知人の車も立体に誘導されることがあります。高さがダメだからと告げると 「入る前にアンテナを引っ込めてください」 なんて言われます。ラジオのアンテンじゃあるまいし、伸び縮みなんてしませんw

アンテナを倒すにしろ、ほんの数十秒とはいえ、車列の流れの中では誘導員の方がイメージするほど短時間なわけではないのはいうまでもありません。特に、出口の誘導員までが考慮してくれるわけではあるまいし、この辺りの認識のなさはなかなか厳しい物があります。まぁ、アマチュア無線という物がすっかりマイナーになってしまった昨今、仕方ないのかもしれませんが。

そういえば、世の中には電動基台なる物がありますが、残念ながら小型のアンテナしか取り付けできないのと、自分で取り付けるのが難しいのが欠点です。あれが使えれば、駐車場に入る手前でボタンをぽちっとな、するだけでアンテナが自動で倒れ便利そうですし、出るときもぽちっとなで自動で元通りになるので良さそうです。

アンテナが大型になると、重さがあるので倒した利本に戻したりするときによりしっかりした構造が必要になり、モーター(?)もパワーがいるようになると思います。それだけ風の抵抗を強く受けます。メーカーの書いてあるのより大型のアンテナをつけると耐えられなくなって破損する可能性が高いので無理。速度も…考えると難しそうです。

公称では、モービルホイップで 1.4m /450g のアンテナまでだそうですが、そのくらい短くなると、むしろ高さ制限をクリア出来る可能性が高くなり、倒さないといけないシーンが激減して、何のために電動基台をつけたかわからなくなりそうですw

釧路総会にもアンテナを沢山つけた車が本土からも北海道内からもおいでになっていましたが、皆さん普段のお買い物で車は使われないのでしょうか。高さ制限の問題をどうクリアしているのか、興味があるところです。

そういえば、昔はモービルアンテナには盗難防止リングをつけるのが定番だった気がしますが、今はどこでも売ってませんでした。秋葉原のロケットさんでも探しましたが、無いそうです。

「泥棒が取ろうとしても盗難リングをつけてあってアンテナがとれないと、腹いせに車蹴飛ばされたり無理に基台ごと曲げられたりしていたずらされ、トランク本体まで曲げられたらかえって高く付くからじゃないかな(アンテナを取られた方が安上がり)」 とおっしゃられていました。知人が 「それってアンテナを取られればまたアンテナが売れるという(ry」 と言ってましたが、勿論冗談ですw

確かに、SG7900 は約 1 万円。トランクに力が加わって曲がってしまったら、板金/塗装費用と修理費用はもっと高くつきそうです。もちろん基台も買い直し。アンテナだけなら取り付けもすぐですが、基台やケーブルとなると取り付けも大変です。一見無事でも嫌がらせのために、こっそり引き込み同軸の見えにくい部分をパチンと切られていて、電源入れて送信した途端に無線機がお亡くなり、というのもイヤですしね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »