« 8エリア移動 ~3日目 午後の部 | トップページ | 8エリア移動 ~4日目 »

2009年5月24日 (日)

8エリア移動 ~3日目 総会終了

Dsc01033_r 定刻の 17 時を過ぎて18時過ぎに終了しました。お土産には、タオルが入っていました。刺繍で北海道支部の名前が入った立派なものです。もったいなくて使えません(^^;

最後にカーテンコール(?)があり、今回総会運営をされた方々が並びました。普通にご挨拶があって終わるのかと思ったのですが…マイクを握った方の声が、ちょっと震えています。あれ? と思っていると、その理由となっている話題に触れました。

今回の総会は、本来であれば公益法人改革に関しての重大な議決が行われると言われていました。この公益法人改革問題は、PLC ほどではないにしろ、去年まで白熱していたものです。ところが、今年はどういうわけか JARL 理事の方々は手のひらを返したように態度を変え、公益法人として認定されなくても良いような態度に変わりました。そして、公益法人化のための議決も見送られました。

元々は、公益法人になるための議決をする予定だったために、JARL さんとしては会員との対決や質問などの応酬が予想されたのでしょう。それを考えると、どこからともなく ”「人が来にくい場所で行えば、対抗質問も減り、少しは楽に議決できるんじゃないかしら」 と考えて、あえて釧路を選んだんじゃないかしら” と勘ぐる人が出てくるわけです。

これは確かに証拠もない予想に過ぎないわけですが、株主総会を見ればわかるとおり、総会という物がなるべく参加者(会員や株主)に参加されないようにあれこれ策を弄するのはよくあることです。株主総会であれば、全国一斉に同じ日で株主総会を開催することで、株主が参加しにくいようにする、というのは有名なお話です。その為、参加者を減らすために策を弄するというのは、少なくとも総会に関してはあり得ない事ではないのです。

# もちろんその場合は中央本部の意向であって、実際に総会を運営する地方本部の方の意志ではありません

今回釧路で行われたことで、それについてのクレームめいた質問や指摘がありました。来るのが大変だったとか、何でここで行われるのか、根拠と理由を示して欲しいとかいう質問もありました(これの回答もごまかされて質問者が煙に巻かれていましたが…)。本州からは勿論、同じ北海道内でも来るのが大変だった、という話も出ました。なぜ釧路で行ったのか、釧路を選んだ理由を教えてください、というものでしたが、その裏には、先述の 「議決しやすいようにするためじゃないの?」 という意味が含まれていたのでしょう。

ところが、この質問自体は著しくおかしな質問というわけではない物の、受け手によってはとても残念に感じたようです。それは、今回の総会を運営された、釧路支部の方々です。文字通り受け取れば、確かになんで不便なところで? なんていう質問はありがちな気がしますが、せっかく頑張って総会運営を担当したのに、という思いがあると、その質問も違った聞こえ方をしてしまうのは無理もないことでしょう。

人数が一番少ない釧路で行われました。その為、釧路支部の方々はあちこちの協力を得て、苦労して総会を企画/構築/運営をしたようです。全国で総会が行われていますが、人数が少なかろうと他の総会より見劣りするような総会であってはいけない、という思いもあったのでしょう。本当によく頑張っておられ、実際、人数が少なかったと言われなければ全くわからない総会でした。そこまで頑張ったのに 「何でこんなところで開催したのよ」 的な事を言われたら、とても残念に感じるのも当然です。

Dsc01036_r 結果として、最後の挨拶は、今までの総会のように 「来てくれてありがとう。また来年!」 というようなさわやかなものではなく、代表者の方(たぶん)が質問に対してとてもお怒りでした。単にぼそっと不快感を示したのではなく、声も震えていて 「道東地区を馬鹿にするような、あの質問は、いったい何なんだ!」 と、相当、ショックだったことが伺えます。裏を返せば、それだけ、頑張って運営して今日という日にたどり着いたのでしょう。

質問者には、この方の言われたような、道東地区を馬鹿にする意図はまるでなかったと思います。けれど、結果的には、不便な場所で、こんなところでなぜ開催したのか、という言い方は、JARL 中央本部ではなく、地元の支部が手を取り合って開催するという性質の総会であることを考えると、当事者達にはショックを与える内容であることは否定できません。そんなわけで、残念な最後になってしまいました。

ただ、同時に難しい問題でもあります。参加者が少ないようにと何らかの策を弄することは良くないことですので、それを追及することもまた、同時に必要なことです。せっかく頑張っておられた支部の方に不快感をもたれないように指摘をするのは難しいことだと思います。そのため、一般的に能力の限界として質問者に落ち度があったとは思いません。落ち度があったとすれば、そういう疑念を持たれる運用をしてしまっている中央本部ではないでしょうか。

余談ですが、私は釧路総会は不便だったか、面倒だったか、というと…No です。レンタカーを借りたこともありますが、高知の時より楽でした。といっても、高知は私の場合はあくまで特殊な交通手段でお邪魔したので比較になりませんが…。羽田空港へ行き、飛行機に乗り、空港で降りてレンタカーに乗って、釧路のホテルに行くだけです。

空港も整備され、レンタカー会社もすぐそばにあり、空港が市の中心部から離れすぎているようなこともなく、会場も充分な駐車場が確保され、駐車場の心配をすることもありませんでしたし、北海道の道路は、郊外は勿論市の中心部でもとても走りやすかったです。全く不便ではありませんでした。

同行した知人も岡山総会から参加していましたが、釧路が特別不便だった感じはしないと言っています。うちらの場合は、高知などには特殊な移動手段で現地入りしたので他の人より不便に感じた一方でコストは大幅に抑えられたのに対し、釧路は一般的な交通手段で駆けつけた一方でコストがかかったりして比較になりませんが、同じ条件で並べたとしても、釧路だから困った気がしません。

確かに当初は、高知など他の地域へ行く時に使っている特殊な手段は使えなかったため、コストがかさむことも相まって 「北海道か~、いけるかしら」 なんて思ったものですが、飛行機で行くことを覚悟してしまえば、実際いってみると何の苦労も無かったわけです。アマチュア無線家にとっては、空港のセキュリティーゲートは厄介でしょうが(^^; それは、飛行機を利用するのであれば全国どこでも同じです。つまり、釧路で開催されるのが面倒だと感じたのは、具体的に計画を練る前の一瞬だけ。うちらにとっては単なる思い込みに過ぎなかったわけです。

むしろ、釧路という場所に遊びに行ける口実があって喜んでいるくらいです。残念ながら移動にあてていた土曜日は雨でしたが、それでもドライブをする中で、牧草地や北海道らしい地形や直線道路のなかをドライブして、とても楽しかったです。総会が釧路で行われたことには、感謝しています。

Dsc01038_r 来年は名古屋だそうですが…名古屋は近くて便利そうですが、これと同じくらい楽しめるかはわかりません。もちろん、別に名古屋が悪い場所という意味ではなく、どこでやっても同じ、多少の一長一短はあるかもしれないけど、釧路だから不便だった、なんていう事はありませんでした。

実際、参加者だって数えたわけではありませんが、去年より大幅に減った感じもしませんでした。これでは 「参加者を減らす」 なんていう目的がもしあったとしても、かなわないのではないでしょうか。参加者を大幅に減らすほど不便な場所ではないということではないでしょうか。それも、重要事項の議決(公益法人関連)が無いとわかっていてこの状態ですから、もし去年の予定のまま公益法人への移行に関する議決が行われるのであれば、もっと人は増えていたでしょう。つまり、不便でも何でもない気がします。

ホテルに戻ってあとはのんびり。

|

« 8エリア移動 ~3日目 午後の部 | トップページ | 8エリア移動 ~4日目 »

無線イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8エリア移動 ~3日目 総会終了:

« 8エリア移動 ~3日目 午後の部 | トップページ | 8エリア移動 ~4日目 »