« ウチュウムセンツウシンヲフクム | トップページ | 04月06日のココロ日記(BlogPet) »

2009年4月 6日 (月)

新型発電機 YAMAHA EF1600iS

以前このブログでもご紹介したとおり、私は発動発電機(発々)を 2 台持っています。一応知人との共用で使っていますが、どちらにしろ目的は無線の移動運用のみです。夏の電力消費が少ないときのために YAMAHA の EF900iS を、冬の暖房器具などで消費電力の多い時用に HONDA の EU16i を使っています。大は小を兼ねますが、燃費の問題や取り扱いのしやすさから、夏と冬で使い分けています。

以前書いた通り、個人的には YAMAHA の発電機の方が気に入っています。そのため、EF900iS はお気に入りの一つなのですが、冬には電力が足りません。暖房もさることながら、冬はガスのストーブ(コンロ)が使えないため、お湯を沸かすためには、電気ケトルを使います。物の1分ちょっとでお湯が沸く優れものですが、1kW 以上消費するので、900VA の EF900iS では無理なのです。

そこで、1.6kVA の発々が必要になるわけですが、本来なら、YAMAHA さんがよかったのですが、YAMAHA さんは 900VA の次は、一気に 2kVA まで性能が上がってしまいます。当然、重さや大きさなども一気に増加し、一人では取り扱えない物になってしまいます。それ以前に、クーペやセダンノトランクには入りません(@@ しかたなくそこで、HONDA さんの EU16i の出番です。

確かに EU16i は買ってみたところ、予想以上によいできでした。一応職場経由で買ったので、品質の良い物が回ってきている可能性も高いですが、とても安定していて性能の良さにはビックリしました。しかし、最大の欠点として、燃料コックとエンジンスイッチが独立していないこと。そのため、エンジンを回したまま燃料コックだけを閉め、タンクからエンジンに至る部分のガソリンを使い切ることによる余分な燃料の除去が出来ません。

そのため、移動運用を毎週行うような人でもない限り、エンジンによくありません。本来なら、使い切り、余ったガソリンは除去しないと行けません。ネジをはずしてガソリンを排出する、という正規の手順は完全に行うのは難しいので、簡易的に行うことができるのが、この、燃料コックを閉めてエンジンを回し続けてガス欠を起こさせる、という方法なのです。

ホンダさんは、燃料コックとエンジンのスイッチが同一なため、燃料コックを閉じるためにはエンジンの停止を避けることができないのです。しかし、YAMAHA さんのは、2.0kVA になってしまい、大過ぎ、重すぎ。選択肢がないので、EF900iS を基本に調達していても、1.6kVA だけは、HONDA から調達、という事になっていたわけです。

ところが、今月、遅れること数年、YAMAHA さんから 1.6kVA の発々"EF1600iS" が発売されました。以前このブログでもこの発電機の出力ラインナップについて 「EF1600iSなんていうのがあれば」 的な発言をしていますが、本当に発売されましたw 性能的には EU16i とほとんど変わりません。しかし、大きな利点が三つあります。それは‥。

  • 先述の独立した燃料コックがあるためガス欠停止ができる
  • 燃料計がついてる
  • 出力電気の質がよい

というものです。その他にも、最近設計された物なので、進んだ技術でより最適な製品が作られていると思います。重さなども 1kg ほど乾燥重量が軽くなって、長さも数センチ短くなっている一方で、サイズは高さがちょっと高くなっているため、収納のしやすさは好みが分かれるところかもしれません。

燃料コック以外では燃料計は結構大きなポイントで、あとどのくらい使えるのかわからないのは結構精神的にドキドキするものでした。特に冬期、燃料切れになると暖房が止まり、特に就寝中は危険です。しかも、寒い中、真っ暗になって給油しに行くのは大変ですし危険です。燃料計があれば、残量を見てある程度給油タイミングを判断出来ます。

電波の質…ではなく、電気の質は、変動質やゆがみ率などを比較すると、EU16i よりは優秀です。このあたりは、今月の発売という事もあり、技術が安く進歩したのでしょう。無線にどのくらい影響があるかわかりませんが…。

気になるのは、インバーターノイズです。900VA クラスの発々において、YAMAHA さんは、無線機用のノイズフィルタはオプションでした。一方、ホンダさんは標準装備でした。このことから考えると、1.6kVA の商品でも YAMAHA さんはノイズフィルタが出ていないとノイズが乗るかもしれません。一方、ホンダさんは、標準装備かもしれません。もし、ノイズが乗るとなると、せっかく燃料計や燃料コックがついているのにアマチュア無線で使ううちらにとっては、選択肢になり得なくなります。

デザインは好みの分かれるところですが…。青いのも赤いのも苦手(^^; 職場経由で買えると良いけど、昨今厳しくなったので微妙です。

追伸: 知人が電話で確認したところ、EF900iS にあるような無線通信機向けのノイズフィルタは、EF1600iS にはオプションで用意されていないそうです。また、標準実装もされていないということで、HF での運用には若干懸念点があるかもしれません (実際にノイズが乗るかどうかはわかりませんが…)。

|

« ウチュウムセンツウシンヲフクム | トップページ | 04月06日のココロ日記(BlogPet) »

ガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型発電機 YAMAHA EF1600iS:

« ウチュウムセンツウシンヲフクム | トップページ | 04月06日のココロ日記(BlogPet) »