« 04月06日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | おかえり FT-817ND »

2009年4月 6日 (月)

移動用バッテリ新製品

暖かくなってきました。さくらみの季節でもあります。一個前のブログでは発々の新製品の話題を書きましたが、次は、単純なバッテリ、電池のお話です。明日発売のリチウムポリマーバッテリです。

以前の日記で、某 SNS のシスオペさんが紹介されていた、DIATEC のラップトップ PC 用の汎用外付けバッテリ "PowerBank for PC " はノイズもなく大容量で大変よいものでした。電圧は FT-817ND で使う範囲 (15.5V) に収まっていて大容量。しかも、VAIO type.T や type.G の AC アダプタから充電出来るので荷物も減らせます。FT-817ND での移動運用はコレ! と決めたばかりでした。

ところが今度は、バッテリでは有名なあの JTT から、新しいラップトップ用外付け汎用バッテリが発売されました。その名も "MyBattery Book X" という新しいラインナップです。注目すべきは、DIATEC の PowerBank for PC が、15.5V の固定出力で 15V や 16V の機器を何となくカバーしていたのに対して、こちらは、12V、15V、16V、19V と切り替えができるのです。

特に、12V は無線家にとっては理想的な電圧ですし、19V は VAIO Type.Z などのハイパフォーマンスラップトップ PC にも対応出来ます。つまり、これ一台で、無線機とラップトップ PC 両方に使えるわけです。以前のように、ラップトップの機種ごとに買い換えたり電圧で悩む必要がありません。オマケですが、10.5V と 5V(USB) の出力もついています。

残念ながら、充電方法は専用 AC アダプタ 19V による充電のため、長期間の利用のためには AC アダプタを別に持って行かないといけないわけですが、その大きさや使い勝手の良さを考えると魅力的です。15.5V では VX-8 の外付けバッテリとしては使えませんが、12V が出力出来れば VX-8 等の動作電圧の狭いハンディの電源にも使えます。

懸念する点としては、出力電流が足りるかというと事とノイズの問題です。何アンペアまで対応しているのか…さすがに IC-703 の 10W 出力に追従してくれるとは思いませんが、それでも最低限 VX-8 の 5W 出力がで来てほしいです。というか、それができないとせっかくのバッテリも役立たずです。

途中に 5V~19V までさまざまな電圧を作り出すための変換部があるでしょうから、その部分の変換能力と、そのノイズが心配されます。以前試した違うメーカーの Alivio という製品はノイズがひどく、6m SSB では電流は足りていたもののノイズが S9 で使い物になりませんでした。この製品は今はもうディスコンで売っていませんが…。

明日発売という事なので試してみたいところですが、先立つものがないので思案中です。15V 等の少々高めの電圧を使うのは精神衛生上も良くないので、12V 出力…魅力的です。

|

« 04月06日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | おかえり FT-817ND »

ガジェット」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。
 これは魅力的ですね。FT-817の電源にも良さそうです。FT-817ならあえて10.5Vで使用して2.5W運用で時間を稼ぐのもありですね。携帯電話の電池の10倍の容量ですか。VX-2やVX-3だといつまでも運用できそうです。
 実は最近EeePCを買いました。ハムログをはじめ様々な無線のソフトを詰め込み、移動運用のお供にしようと考えています。この電源としても使えそうですね。
 ノイズが大丈夫かどうか、気になるところですね。

投稿: JO1KVS | 2009年4月 6日 (月) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移動用バッテリ新製品:

« 04月06日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | おかえり FT-817ND »