« 移動用バッテリ新製品 | トップページ | モービルホイップに関するきまりごと »

2009年4月 8日 (水)

おかえり FT-817ND

個人的には詳細型番(FT-817ND、IC-7200M など) は省略することが多いのですが、FT-817ND は FT-817 と回路が多少違うらしく、今回話題の 7MHz 拡張に関しては FT-817ND と同様の手法では失敗事例が SNS で報告されているため、念のために "ND" を書いてみました。

さて、入院していた FT-817ND が新 7MHz 帯に対応して退院してきました。無料です。おかえりなさい、といった感じです。この大きさで、HF~430MHz の、しかも SSB も出れるのですから、素敵です。何度考えても、すごいな~、と思ってしまいます。5W しか出ませんが、コレ一台で何でも出来ちゃうわけです。

最大の欠点は、何度も書いているとおり事実上外部バッテリが必要なことです。せっかく、コレ一台で…と思うのに、外付けバッテリを持って行くことで荷物が大幅に増えてしまいます(外付けバッテリ用の充電器も必要になるし…)。内蔵のバッテリをリチウムイオンにするだけで、新製品として今でも立派に通用する製品です。まぁ、APRS くらいつけてくれても罰は当たらない気もしますがw

全バンド調整済み、と書いてあったので、単に 7MHz の対応だけではなく、チェックと調整もして貰ってるわけですから、出したのに付加価値があります。周波数がずれていたり、異常があって送信出来ていなかったり、という事がないので、次回からは自信を持って波を出せます。たまに応答がないと、持ってくる途中衝撃を与えてしまい壊れたかしら、とか思うことがしばしば(^^;

残念なのは、オールリセットされてしまっていたこと。やむを得ないのかもしれませんが、事前に説明と同意がなかったのは残念です。メモリに関しては、FM ラジオの周波数を設定し、名前もつけてあったのが失われたのは悲しい;; バックライトを常時 OFF にするなど色々設定も必要となりました。メモリはまた今度…。普通の無線交信にはレピータを登録しておくことくらいしか使い道無いんですが、皆さん何に使ってるんでしょ?

さて、余談ですが、7MHz…全く何も聞こえません。賑わって隙間がない、とか、つぶし合っているようなお話もよく聞きますが、うちの ATAS-120 では全く何も聞こえず…。SWR が完全に落ちていません (HSWR) が、ある程度同調していれば受信くらいは出来ると思います。しかし、何も聞こえない…。う~ん…。

このアンテナではだめなのかもしれません。早くアンテナ制作頑張らないといけませんね。

気がついたら、あと数週間後には ALL-JA ですが、終了が日曜日の 21時というのは…コンテストが終わっても、真夜中に撤収作業は難しいので、月曜日にお休みを取らないといけません。う~ん。自宅から出れる人じゃないと、参加出来ないかな?

|

« 移動用バッテリ新製品 | トップページ | モービルホイップに関するきまりごと »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

FT-817ND退院おめでとうございます。\(^_^)/

さて、私の持っている、初期型のFT-817ですが、メモリには何も入れていません。よって、オールリセットをかけても、何ら問題ない状態です。

ALL JAコンテストは、高校生の頃に、クラブ局から毎年出ていました。
しっかり2100JSTまで参加です。もちろん翌日は学校…hi。
よくこんな強行スケジュールをこなしていたものだなと、今でも思います。若いっていいですね。(^^;

投稿: JO3VVO | 2009年4月 8日 (水) 18時46分

ここ1~2年の7Mはとても元気が無いんです。
開けているはずの日中ですら国内が聞こえないことも多い始末。
元気なときは昼間は毎日、メーターが隅から隅まで9を越えた状態になりますよ。
ATAS120がほぼ伸びきったあたりで使うことになると思いますが、元気なときには9くらい軽く振るはずです。
夜の海外短波放送ならよく聞こえると思います。
もちろんフルサイズのダイポールなら十分すぎるほど聞こえますし、ちゃんと応答してもらえるはずです。
ポケットダイポールにワイヤーで頑張ってください。

投稿: JO1KVS | 2009年4月 9日 (木) 00時00分

うちにはFT-857DMとFT-817NDがありますが,857の方は自力で改造してしまいました.チップ部品を取り外したあと,オールリセットをかけなければならないので設定しなおすのがめんどうですね^^;.FT-817NDも改造しておかないと….
拡張された7.1~7.2MHzは夜になると放送局が強いですが,昼間や夕方は結構のんびりとQSOできますね.しかし,某国の放送は昼でも強かったなぁ(笑).

投稿: buchi/JO3FRH | 2009年4月 9日 (木) 00時17分

JO3KPSさん、こんにちは。

私も、FT-857DMでATAS-120をベランダに設置しているという比較的近い環境で運用しています。

ATAS-120では、7MHzのアンテナチューニングがある程度取れていないと何も聞こえないかもしれません。

VHFの運用(ATAS-120が一番縮んだ状態)直後に、QSYしようと周波数を7MHzに変更するとはじめは何も聞こえません(ノイズも)が、「Tune」ボタンを押して、アンテナのマッチングが取れる(ATAS-120がほぼ伸びきった状態)と明らかにノイズレベルも上がって、強力な局が入感してくると思います。

とは言うものの、所詮はモービルホイップアンテナなので、通常のコンディションの状況下、平日の夜なんかは私の環境でも、ほとんど何も聞こえないことが多いです。週末の日中に移動運用局がパイルを受けている状態や、夕刻のコンディションが良いときなどは、各エリアのコールがほとんど全て聞こえてきます。

チューニングが取れていれば、他のHFマルチバンドのモービルホイップ(サガ電子CM144W7を別に持っています)と同程度には聞こえています。

ただ、当方も7MHzはオートでチューニングが取れない(HSWRが表示される)時もあるので、マニュアルで調整する時があります。HSWRが表示されている時はアンテナが変な位置にあるみたいなので(最も縮んだ状態である事が多い)、JO3KPSさんもこれが7MHzが聞こえてこない原因かもしれません。

マニュアルチューニングの方法は、多少面倒ですが、FT-857では、PTTを押しながらメニューの「Tune」の横にある「Up」もしくは「Down」を押し続けます。ATAS-120が見える状態だと、伸び縮みする状態が良く分かると思います。画面に簡易SWRが表示されるので、この表示を見ながら調整します。

以上、長くなりましたが、一度マニュアルでアンテナのチューニングをしてみることをオススメします。

ATAS-120を実際に使われている方の情報がネット上にもあまり見あたらないので、今後もいろいろ情報交換いただければと思います。

P.S.ただし、7MHzは弱肉強食のバンドのようで(少なくとも私にはそう感じます)、ATAS-120では呼んでもほとんど取ってもらえていませんorz.

投稿: JG1ALA | 2009年4月 9日 (木) 09時47分

21時までコンテストでも良いのですが、問題は私の場合は移動運用が多いので、撤収することができない点です。翌日日があけて催促で撤収しても、帰宅するまで考えると午後から出勤も無理ですね~。

自宅からなら、21時でも23時でもかまわないのですが、自宅からコンテスト参加なんかして I を出したら目もあてられませんから;;(マンション規約で物の設置禁止)

7MHz は下火でしょうか。今回の拡張でまた賑わってくれると良いですね。どんな雰囲気のバンドなのか想像も付かないので、楽しみです。

ATAS-120 は見える位置にあって、伸びていくのがわかります。自動調整では 「ほぼ伸びきった位置で止まる」 場合と 「なぜか縮まった場所で止まる」 ことがあります。前者は理論的に問題なしですが後者は理解出来ません。故障かなぁ…。

JG1ALA さんのおっしゃるように、HSWR になった状態で、手動で UP DOWN してみたのですが、残念ながら HSWR 状態から抜け出せません(一番落ちてるところでもメモリ4つくらいは振ってる)。

もともと、ラジアルキットで 6m ~430 まで出ているだけなのでアースもとれておらず(アルミの手すりだし)、これで SWR が下がったらそれはそれですごいんですけどね。それでも実は、同軸を仮設の状態(窓を開けて引き込む)の時は、7MHz も SWR が落ちてたんですよw

どちらにしろ、何も聞こえないのは変わりませんが…。

外出して、ワイヤーで作るダイポールアンテナで頑張ろうと思います。クラニシさんの出番です。


投稿: JO3KPS/1 | 2009年4月 9日 (木) 14時17分

ヤエスのリグは、ATASの制御に、とりあえず一往復、プログラムが仕組んであるように思えます。
失敗時の収まるポイントが一番下、というのはその結果かな。
うちは手すりに縛った鉄パイプに基台を付けていますが、そのままでもSWRが落ちました。さらに状態を良くするため、手すりに銅テープを貼って基台と太く短い線でつなぎ、容量結合に、さらにいろんな長さの電線を基台につけてアースの強化を図っています。
車でも基台のすぐ下の屋根に銅テープ貼ってつないでいます。銅テープアース、かなり効きますよ。

投稿: JO1KVS | 2009年4月 9日 (木) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おかえり FT-817ND:

« 移動用バッテリ新製品 | トップページ | モービルホイップに関するきまりごと »