« 02月02日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 02月09日のココロ日記(BlogPet) »

2009年2月 2日 (月)

ハンディに必要な物

ALINCO さんの新型無線機が、まさか 1.2G 対応とは予想外でびっくりしました。VX-8 がアナログ位置情報、ID-92 がデジタル位置情報と D-STAR というアイデンティティを持って出てきているので、ALINCO さんとしては独自の色を出したかったのだと思いますが、正直、1.2GHz は興味を持っている人が少なくないと思うので、方向性としては大歓迎ですし、それなりに売れる気もします。

個人的には、デジタル位置情報対応だと普及に一役買ってくれるかしら、なんて思ってしまわないでもないでもない気がするように思いますが(^^;

そんな感じで、ICOM さんと ALINCO さんの新型ハンディの発表でふと、ハンディのことを考えてしまいました。そこで思いついたこと。みなさんは、ハンディに 「この機能は必要!」 という物ってありますか? APRS 等のアプリケーション的な部分は別として、D-STAR 対応とか、空線スケルチとか、VX シリーズですっかり定番となった AF-Dual 機能(ラジオを聞きながら、メインバンドに信号が入ったらラジオをその時だけ自動で切り替える機能)とか…。

もちろん、どれもほしいです。けれど、本当にアマチュア無線機として機能を考えた場合、最低限どれか選ばないと! と思ったら、私がほしいのは…「時計」 です。無線交信をするわけですから、当然、時刻を記載しなければいけません。「3時半頃」 ではなく 「15時34分」 と 「正確に調整された時計」 を参照し記載しなければいけません。今では無線設備の義務機器として法律で指定されていませんが、時計がないとお話にならないのは言うまでもないと思います。

室内から QSO していればどこかに時計はあるかもしれませんが、屋外ではなかなかないものです。もちろん、腕時計とかしている方もいるでしょうが、私はしていませんし、腕をめくるのも面倒な気がします。また、時計を別に持って行く、というのも、少しでも持ち物を減らしたい移動運用では避けたいです。時計が別にあれば、その為のバッテリのことも考えないと行けませんし、立って CQ を出したりする時には、持ってきた時計を置く場所もありません。携帯電話をいちいち取り出して時刻を確認するのも手間です。

そうなると、リグに時計がついているというのは、とても重宝します。VX-7 で CQ を出す時に何よりも重宝したのが、この時計機能です。この時計機能は VX-8 にも受け継がれ、しかも GPS から受け取った、寸分狂いのない間違いない JST が表示されるのですから嬉しいものです。ログブックとハンディを持つだけで、即運用が可能です。残念ながら、ID-92 には時計機能がついておらず、時計を別に持参しないといけないのが悲しいところです。

そんなわけで、ぜひ、リグには "時計" をつけてほしいです。要望と言えばいろいろと贅沢な要望や高機能さを求めたりすることも多いですが、そういったことの実現には何かとコスト増加や実装の困難さが伴います。一方、時計自体はとてもシンプルなものですし、コストアップになることも場所を取ることもなく、液晶画面上にもちょっと表示されるだけなので簡単に実装できる割に、運用には便利なものです。要望として上がってこないのかな~。

フルドットマトリクスなら表示の選択もできるので、便利です。あ、時刻は必ず、24時間表示にも対応しておいてほしいです(^^; ALINCO さんのハンディに、ついてるかしら、時計…。

|

« 02月02日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 02月09日のココロ日記(BlogPet) »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

いつもお世話になっております。OscarことJO3VVOです。

小生も、なぜリグに時計が付いていないのかと、長年思っていた一人です。
20年ほど前は、無線局には必ず「正確な時計」を備え付けなければならないと法令で定められていましたし、しかもその時計は「一日に一回は較正しなければならない」とありました。

一部の高級HFリグには、その巨大な筐体の長所を活かして、常時表示できる時計が付いていることもありますが、ハンディ機にはなかなか付いていないのですよね。
仕方がないので、小生は移動運用の際は、いつも小型のトラベル目覚ましデジタル電波時計(ワールドタイム対応)を持ち歩くようにしています。しかし、ハンディ機での運用に関しては、これでも完璧ではありません。
小生も、いろいろと試行錯誤をしているところです。

投稿: Oscar | 2009年2月 7日 (土) 14時56分

JO3VVO さん、こんにちは。こちらこそお世話になります。

固定機ではなく、屋外で使うハンディだからこそ、やっぱり時計の意味があると思うのです。固定機なら、自宅に固定の時計もあるでしょうし…。屋外では、時計は自分の所持品だけ、という事が多いとお思い舞うs。この辺は、ハンディを、実際に外で使うことをメーカーがちゃんと考えているかが感じられる一面だと思います。

移動用の時計は
>CASIO(カシオ) 電波カードタイプトラベルクロック PQD-100CJ-7JF
を使っています。知人も同じ物を使っていますが、これは薄型で温度と湿度が出ます。現地のお山で運用中に 「いま4度で、寒いです」 とか伝えれて、面白いです。

投稿: JO3KPS/1 | 2009年2月13日 (金) 10時25分

こんばんは、Oscarです。

あ、なるほど、温度・湿度計がついた時計ですと、より話題が増えますね。
素晴らしいアイディアだと思います。

でも、やはり時計は、ハンディ機に内蔵して欲しいですね。hi。

投稿: Oscar | 2009年2月14日 (土) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンディに必要な物:

« 02月02日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 02月09日のココロ日記(BlogPet) »