« CW練習会 | トップページ | 01月25日のココロ日記(BlogPet) »

2009年1月22日 (木)

パブコメに隠れたPLCショック

総務省の発表した、パブコメに対する答申のコメント "2-57"、135kHz帯の高周波利用設備について、その一つとして PLC が使用していることとその混信について触れられています。それらにおけるアマチュア無線に対する影響が

しかしながら、高周波利用設備は、既に多くの場所で利用されており、アマチュア無線に混信として入感する可能性を完全に否定できず、このような混信をすべて高周波利用設備側で除去することは、社会的に大きな影響が考えられます。
以上を踏まえまして、アマチュア無線側が、このような混信を容認することを明確化することが適当であると考えております。
一方、高周波利用設備のメーカー等におかれては、本件のような新たな周波数の割当をご理解いただきできるだけ混信を避けるよう今後の製品開発等においてのご配慮をお願いします。

と書かれています。つまり、PLC はすでに利用し始められていて、これらをやめるように指導することは社会的に影響があるので、アマチュア側が我慢せよ、という趣旨のことが書かれています。

PLC が解禁になり、当初はノッチが入れられていますが、ご存じの通りこれには明確な法的な義務はなく、メーカー側がアマチュアに影響を与えないように、という、反対派をある程度なだめるためのその場しのぎの単なる自主規制でした。

実際に販売が行われ、台数が普及したところで、恐れていたとおり今度は 「社会的に普及した物なので優先度がある」 として、アマチュア側に影響を与えてもいい、という方針に切り替わる形です。そうなると、この答申を根拠として HFのノッチが削られてアマチュア側に堂々と影響を出す製品が売られそうです。これは、反対運動の中でもたびたび指摘されてきた問題ですが、大きくクローズアップされませんでした。

当該答申は、主に鉄道等の高周波利用設備(地下鉄の漏洩同軸ケーブルなど)についてを念頭に置かれていると思いますし、そういった公共用途の物に関しては優先権があるのは当たり前のことです。しかし、同列に PLC も質問文に含まれていることから、周波数に関係なくアマチュア側が我慢をするべきで PLC を優先するというものを政府の公式見解として盾にし、製品化が進んでしまう恐れがあります。135kHzだけにとどまらず、HF帯にまで拡大解釈する可能性は充分あります。

「ノッチが入ってるんだし、いいんじゃない?」 と一歩譲ったところから、すでに堤は崩れ始めているわけです。軒先を貸して、多数になったところで母屋を取られます。何度も書きましたが、最低限、ノッチを明文化して義務化するところまではこぎ着けてほしかったものです。半端なところで手を引いては、いけないのは本来常識なのですが、その結果が早くも出てしまいそうです。

パラグライダー等の、連絡手段として、インフラのようにアマチュア無線を使うことは、私が留学する前は誰に聞いても「違法」でしたが、いつの間にか 「趣味である以上OK」 と回答が変わってしまっています。人口が少なくなるということは、意見と、意志が弱くなる、という事なのがよくわかり、とても残念に思います。

最後に一文、メーカーも、一応アマチュア側にも気を使ってあげてね、というお情けのひとことがありますが、残念ながらこれには何ら拘束力はありません。むしろ、努力義務未満でしかないことを印象づけるだけでした。

悲しいですね。枕を涙でぬらして寝ることにします。

|

« CW練習会 | トップページ | 01月25日のココロ日記(BlogPet) »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

これはもう、無線界への宣戦布告ですね・・・。

投稿: JO1KVS | 2009年1月22日 (木) 23時14分

そうですね。でも、意見を色々聞いてるとおとなしく甘受するという無線家の方が予想以上に多い気がします。こんな時に良い子気取ってもダメだと思います(TT

投稿: JO3KPS/1 | 2009年1月27日 (火) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パブコメに隠れたPLCショック:

« CW練習会 | トップページ | 01月25日のココロ日記(BlogPet) »