« 関西ハムシンポジューム | トップページ | 手くずれ »

2009年1月20日 (火)

CQ ham radio 2 月号

CQ ham radio (ハムラジオ) 2009年 02月号 [雑誌]今月号は届きませんでした。あれ? と思っていると、それもそのはず、定期購読が期限切れしていました(^^; そういえば、手続きをしないと…と思ったのですがすっかり忘れていました。課金単位の関係で 1 月決済にしたかったので、1 月に入るのを待っていたらいつの間にか発売日を迎えてしまったようです。

そんなわけで、今月は地元ヨドバシで査収しました。ポイントで無料入手です。今月は大きな付録がないのであっさりした感じですね。JCC list がついてましたが、これは…役に立つかな~。ハムログを使っていると、QHQさんに教わった 「頭文字検索」 機能で JCC が出てくるんですよね~。

さて、今月号はまず表紙を見てびっくり。ID-92 が大々的に(^^; ID-92 は私がもっとも気に入っているハンディの一つです。今は VX-8 もありどちらを買うかは詳細なニーズを聞いて甲乙つける形になりますが、ID-92 は VX-8 と同等の、もっともおすすめするハンディです。

もちろん、デジタルモードがおすすめ、というのもありますし、DPRS にも…というのもありますが、その本体の使いやすさはかなり洗練されていて素敵です。ID-91 も買ったのですが、音量がツマミ式でアナログな感じなのがとても使いにくくすぐに売ってしまいました。ID-92 も回転式ですが、回しきるような最大と最小が無くカーステレオなどと同じ 「右見回すとアップ、左に回すとダウン」 という方式なので、ロック中にツマミの「位置」が動いても音量は変化しません。本当は、IC-P7 や IC-T90 のような上下ボタン式が良いのですが、どうも回転式が多いようです。

メニューの操作なども ID-92 はわかりやすく、マニュアルを持参しないと…と思ったことはありません。一方で、VX-8 は…カオスです(^^; なぜこのボタンがこの意味に?!というのを暗記しないとどうにもならないので、ID-92 のメニュー選択式はとても使いやすいと思いました。あと、ボタンが半透明なのも、個人的に好みw

と、CQ 誌から話が逸れましたが、ID-92 が大きく表紙を飾り、その上、記事としても「最新ハンディトランシーバ活用術」として ID-92 がしっかり取り上げられています。単に通話だけでなく色々な使い方ができるという意味で、ハンディ機は発展していると思います。通信に何を載せて、どう使うか、アマチュア的に発展させていきたいものですね(^^)。

ただ、どうしても DV モード=レピータという立場は相変わらずのようです。それでも、シンプレックスの紹介が順序的には先に出てきていたりと、今までの、DV モードはレピータの話題しか書かない状態からすれば、かなり進化したと思います。

ちょっと意外だったのは、工人舎のPCの広告。無線とは全く関係ない PC の広告とはびっくりです。移動運用の電子ログ狙いなんでしょうか。英語キーボードがない時点で私の選択肢に入っていません(@@

個人的には、画面が高精細(←重要)で CPU もそこそこの速度がある VAIO type.P をおすすめしますが。リブレットや富士通さんの LOOX など小さい PC は昔からあるのに、今なぜ話題になるのか、よくわかりません。そんな私は、Libretto、VAIO U1~U101~type.U と、小さい PC ユーザーでしたw 今は、軽い VAIO type.G が無線を含めたモバイル PCです。

衛星通信は興味がないのでパス。自転車運用は使い方としては面白そうですね。でも、自転車は怖くて乗れないのでパスw IC-7200 のレポートはそもそもネットに情報が全くないので、それほど濃くはなくても貴重なレビューです。IC-7200 誰も買わなかったのかな~;; USB で PC とつながるのは素敵だし、ハンドルついてて使いやすいのに。

|

« 関西ハムシンポジューム | トップページ | 手くずれ »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

>工人舎のPCの広告

これは、元々社長さんがハムだからと言う事からだと思います(最近、再開されたと聞いています)。

>英語キーボードがない時点

昔は私も英語キーボードを使っていましたが、今は日本語キーボードが付いていないと選択肢に入りません(苦笑)

#HP MINIを所有していますが、英語キーボードなのでやはり使いにくいです(汗)

>VAIO type.P

現物を触ってきましたが「高精細」が老眼には辛かったです。あの液晶で字が読める人には良い機械なのかも知れません(10歳若かったら買ってたかもですhi)。

投稿: 7J3AOZ | 2009年1月21日 (水) 11時16分

こんにちは。

社長さんがアマチュア無線家…という事になると、自然と応援したくなりますね。ご挨拶代わりに一台買ってみようかしら…。英語キーボードモデルがあるかな?

キーボードは、日本語でも英語でも一長一短で、正直どちらでも良かったりします。大学時代に英文タイプを多用したことと、用意されていた環境は英語が多かったことから英語に統一しました。

実は、最初は日本語キーボードで頑張っていたのですが、タイピングがめちゃくちゃになりタッチタイプができなくなる寸前にまで陥ったので、急遽統一しました。

VAIO P はアイコンや文字の大きさを変えられるので、高解像度が辛い方は大きくして、其でいてなめらかな画面を使えると思います。やったことないので使用感はわかりませんが…。

投稿: JO3KPS/1 | 2009年1月30日 (金) 13時26分

あのハマーズがソーテックになったという話はなんとなく聞いたことがありますが、工人舎もその流れみたいです。
ハマーズも再開するようですね。
無線屋さんですから、無線専用パソコンなんかも作ってくれないかな。

投稿: JO1KVS | 2009年1月30日 (金) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CQ ham radio 2 月号:

« 関西ハムシンポジューム | トップページ | 手くずれ »