« 昨日はあけてびっくり | トップページ | 変更審査終了 »

2008年10月22日 (水)

VX-8 がやってきた ~青歯機能追試

せっかくそろった唯一のオプション、Bluetooth ユニットですが、昨日書いたとおり、残念ながら不調です。ペアリング、音声受信、PTT 操作、音声送信ともに成功したのもつかの間、本体を目の前ではなく腰のベルトの位置に持ってきた時点で音声が途切れてしまい、使い物になりません。

これは、VX-8 自体の不具合? それとも、私の VX-8 が不良品? それとも、私の使っている DRC-BT15 という受け側の Bluetooth ヘッドフォンのせい? 相性? 等々いろいろ悩みどころです。というわけで、今日はこれらを検証をしてみることにしました。

~相性問題?

知人の買った VX-8 (Bluetooth ユニット組み込み済み) と知人の使っている Bluetooth ヘッドフォンと、私の物との組み合わせで相性問題などを検証してみようと思います。しかも、知人の VX-8 は Bluetooth ユニットを店員さんに組み込んでもらった、安心できる一品です。

まず、私の VX-8 に知人の Bluetooth レシーバをペアリングさせます。知人の使ってるのはこれです。ペアリングは無事成功します。このレシーバはなかなかかっこいいです。ただし…残念ながら腰の位置に持ってくると音声が途切れるのは全く一緒でした。しょんぼり。

次に、知人の VX-8 に私の DRC-BT15 をペアリングさせ、腰の位置に持って行きます。…やっぱりダメのようです。音声が途切れます。同じく、知人の Bluetooth レシーバでも変わらず。気持ち、知人の VX-8 の方が音が途切れにくい(1cmほど後ろ側に行ける程度…)気もしますが、どちらにしろ腰の位置では音が途切れます。

~電波が弱い?

そもそも、この Bluetooth ユニットは非常に不安定で、ペアリングした初期でも音が、昨日書いたような 0.5sec くらいで聞こえる/聞こえないを繰り返して途切れる 「おなxxすいxxねむxxのはxxい」 みたいになってしまう現象が発生します。

これは、一度電源を切って Bluetooth 接続を解除し、再度電源を入れて再接続すると解決しますが、どちらにしろ他のメディアでは一度も起きたことがない現象なので、VX-8 の Bluetooth ユニット自体があまり安定していないことを示しています。もしかしたら、純正のヘッドセットならうまくいくのかもしれませんが、Bluetooth である以上そういう自社規格のみ OK で通用するものではありませんし、汎用性のある Bluetooth を採用したからこそ、VX-8 のワイヤレス機能は価値があるのです。

電波の弱さも、レシーバを手で遮ったり握って手中に収めると 10cm 程度の目の前にあるのに音が完全に途切れます。かなり弱いです。もちろん、VX-3 につないである Jabra の A120s やウォークマン相手ではこのようなことは全く起こりません。これらが途切れたことがあるのは、近くで別の人が Bluetooth 携帯電話みたいなのを使っていて近接妨害を受けたときくらいです(それもかなり一時的で短く終わる)。

VX-8 の Bluetooth は一番弱い Class.3 なので、出力はわずか 1mW しかなく、1m がカバーエリアです。かなり心許ないですが、バッテリを節約するためには仕方なかったという判断なのかもしれません。しかし、私のみぞおちの位置と腰の位置はどう見ても 1m は無く、その半分もありません。しかも、使い方としてはごく一般的。これでつながらないのはさすがに…。

DRC-BT15 には、通信が安定しない場合のために、最期の手段として音質を落とす代わりに通信を安定させるモードがあります。望みを託してこれも試してみましたが、私の VX-8 でも知人の VX-8 でも同じく、実感できるような効果がありませんでした。完全にお手上げです。

~残念な結論

というわけで、結論としては、VX-8 の Bluetooth ユニットには問題有りと言わざるを得ません。淡い期待を抱いていた、私の BT ユニットが運悪く初期不良だったとか、単なる接触不良などの改善できるものではなく残念ながら知人の VX-8 でも起きているという事で、VX-8 の Bluetooth ユニットそのものの設計に問題があるようです。

もちろん 「サンプル数 2 個で決定するのはおかしい」 と言えなくもありませんが、裁判や何らかの法的措置を執るような厳密な観点ではない場合には、ロットが隣接していない別々の販売店から入手した個体ですので確率から考えて、VX-8 本体に問題があると考えても行き過ぎではないと思います。

こうなると、VX-8 一台だけ持って行けば、外出中に、J-wave を聞きながら 430 メインや鉄道無線を監視し、入館したら J-wave から無線に自動で切り替わり、同時に、自分の位置は常にアナログ APRS で発信し続けるという使い方はできなくなります。

なぜなら、Bluetooth がまともに使えないので、音声を聞く手段が無くなるからです。GPS ユニットをつけたら、ワイヤードのイヤフォンもヘッドフォンも使えなくなるのです。もちろん、音を電車の中で外に出すわけにいきません。そうすると、この時点で、ラジオも 430FM や鉄道無線も VX-8 では使えなくなるわけです。

そうなると…アナログ APRS 対応のモノバンド機になってしまいます。う~ん…。

幸い、Bluetooth ユニットは本体のオンボードではなく、モジュール式。本体の改造はありませんので技適には影響がなく、免許の変更を受けることなく、後から簡単に交換できます。

バーテックススタンダードさんは、大至急、改良した Bluetooth を開発し、発売した方が良いでしょう…。政治的には難しいかもしれませんが、ユーザーとしてはまともに使える Bluetooth ユニットがほしいです。せっかくの、ラジオ+2個の無線バンド同時受信機能のついた VX-8 が、単なる位置情報のためのモノバンド機になってしまいます。

|

« 昨日はあけてびっくり | トップページ | 変更審査終了 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

私もVX-8を購入しましたが,APRS関連のみならずBluetooth周りでも不具合があるっぽいですね.クレーマーになってはだめですが,不具合が生じている点はVSサイドに連絡しておいた方が良いでしょうね….
VX-8に関しては現時点で良い評価を聞かないので,おそらく結構な数のクレームが入っているのではないかと思われますね.回収などのアクションがあるかもしれません.野心的な機種だけに頑張って欲しいのですが….

投稿: buchi/JO3FRH | 2008年10月22日 (水) 13時05分

buchi/JO3FRH さんこんにちは、コンメントをありがとうございます。

APRS でも問題があるのですか~。それは残念です。

問題点の報告や要望は、私もメーカーに伝えるべきだと思っていますし、良い物がほしいのであれば、ある程度の義務もあると思っています。感情的にならず、理論的に伝えるのであれば、メーカーとしてもとても嬉しいはずです。一番厄介なのは、不満を持ちながら影で他者に悪評だけを点々と伝えるユーザーですからね…。

私はまだアクションを起こしていませんが、ICOM さんの時は、ID-91 の問題点を詳細に ICOM さんにレポートしたところ、問題点がかなり(ほとんどそのまま)改善されて出てきたのでびっくりしました。ID-92 には別の問題(GPSマイクの性能など)や改善希望のポイントがあったりしますが、ID-91 で感じた問題点はかなり解消されたので、言ってみる方が良いと思います。

なお

>野心的な機種だけに頑張って欲しいのですが….

この点が、私にとって一番大切だと思う部分です。今回、もしこれが大きな問題として伝わったとしても、バーテックススタンダードさんは、めげずに頑張って欲しいと思います。色々な物をインプリしてきましたが、それを 「やっぱり欲張るんじゃなかった」 とか 「ユーザーの求める物を実現しようなんて挑戦するんじゃなかった」 なんて思って欲しくありません。

確かに、完璧な実装ができなかったのは残念ですが、だからといって 「挑戦しない方が良かった」 という方向に考えを持って行って欲しくないです。「VX-8 で懲りたから、次回は何の機能もない単なるトランシーバーを出そう」 なんてなってしまったら、私はとても残念ですし、そんな事をしたら、私のバーテックススタンダードに対する評価はかなり低い物になってしまうでしょう。

おそらく、開発には困難と、想像以上のコストがかかってると思います。

私はブログでも、VX-8 についていろいろ不満を見せたり、問題点を強く指摘したりしていますが、決して買ったことは後悔していませんし、これから何らかの対策がとれるなら是非頑張って欲しいと思います。この機種は、大きな可能性を秘めていますし、アマチュア無線業界も、まだまだいろんな事ができるという可能性を見せてくれています。

失望はしていません。応援しています。

投稿: JO3KPS | 2008年10月22日 (水) 13時22分

同じBluetooth ユニットを使うFTM-10では問題なく使えて 10mぐらい飛びます
VX-8の場合本体と電池の間に挟まれてしまうので駄目なんでしょうね
私のVX-8は明日来るので試してみますが 基本はVOX(ついてるのかな?)じゃないかな
マイク端子がFTM-10と同じピアサインで仕様ならPTT別につける方法とるしかなさそう

投稿: MARCY | 2008年10月23日 (木) 23時48分

はじめまして。

私もたまたまDRC-BT15を持っていたのですが、お書きになっているのと全く同じ状況です。

また、お試しになられたかもしれませんが、送話ボタンが問題なくPTTとして動作するのは、「おおっ」と思ったのですが、送信音質は受信音質よりもさらに酷い状況です。

純正品だと多少はましなのでしょうかね。

ちょっとがっかりですね。

投稿: jk3spc | 2008年10月25日 (土) 07時23分

基本的に、Bluetooth ですので、純正品だと OK というスタンスはとれないし、取るべきではないと思うんですよね~。

Bluetooth の配置は設計ミスですね。どこか業界に発言力のある大物が指摘しない限りまず設計ミスと認めて修正することは難しいでしょうからどうにもならないのでしょうか。残念です。

送信音を確かめるほど聞けない(自分でしゃべってるので(^^;)ので音質まではわかりませんでした。Skype の音質より悪いようであれば、問題ですね(TT

投稿: JO3KPS | 2008年10月29日 (水) 15時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VX-8 がやってきた ~青歯機能追試:

« 昨日はあけてびっくり | トップページ | 変更審査終了 »