« アナログ位置情報設定お手伝い | トップページ | VX-8 がやってきた ~準備編 »

2008年10月18日 (土)

はればれ生駒山上移動

もちろん、山岳と言っても私がふらっと行く程度なので、正しく言えばハイキングです。でも、山岳といった方書き声が良いので山岳と書いてみました。タイトル見て期待した方ごめんなさい。

さて、関西にお仕事のおつきあいで行って、空き時間に移動運用をしてきました。今日は、足慣らしに生駒山。…生駒山です。つまり、自分の足ではほとんど登りません。登るのは、ロープウェイ乗り場から移動運用をする場所への高度差 3m 程度です。どちらかというと、重い機材を持って行き、FT-817 に火を入れる練習。

早朝到着。ずっと車中揺られてきたのであまり寝ていません。ねむい…。いっそのことどこかで寝てしまいたいですが、がんばって移動運用です。知人と朝食を済ませのんびりお喋りをしてから難波の駅で別れ、片方は南海電車という電車で金剛山へ、私は近鉄奈良線という電車で生駒山へ向かいます。

生駒の方が違いので、すぐに到着します。快速急行というのに乗ると、あっという間なのです。反則なくらい止まりません。関西での移動は大阪 PiTaPa カードを作ってからかなり快適にできます。ポイントもつかない至難の割引もない関西の Suica & Pasmo 陣営も見習ってほしい物です。

すぐ近くを走ってる生駒ケーブルに乗り込んで、生駒山上へ。お天気は非常に良いお天気です。さわやか。軽く風もあります。気温は高くもなく低くもなくて、少し動いても汗をかくことがない最高の移動日和です。こんな日は、きっとさぞかしたくさん移動局が出てるでしょうと思い、早速アンテナを設営です。

アンテナは知人と共用で、明日と今日で交代で使います。Radix の RY-62FA/II です。収納寸法 60cm で一部振り出し式のエレメントになっているので、ほとんどブームのサイズ未満に収納できます。組み立ても簡単。これに、カーボンフィッシャーをマストにし 3.5Dx10m の同軸で無線機とつないでアンテナ系は完成です。これら全部が三脚ケースに収まるので携帯性が高くお薦め('∇')。上手に入れると FT-817 本体とハンドマイク&リチウムイオン電池も入っちゃいます。 

幸い運用予定地に誰もいなかったので、早速くみ上げて…あまりにも久々すぎて手順を忘れていました。このカーボンフィッシャーの長さを止めるのはどうするんだっけ…などなど。あとは、消耗品をなくすためにビニテでの固定から、Mont-bell のベルクロで固定します。ビニテより扱いは楽ですが、ぐるぐる巻にすればビニテの方が固定力があるようです。

アンテナを上げてると、希に誰か来ますが、大抵は完全に無視して立ち去ってしまいます。こちらとしては助かるんですけどね。怪しんで係員に通報されたりしたら面倒です。おまけに、不安やや悪しい人だと思うといった先入観込みで伝えられるとなおのこと厄介なので、愛想良くしておきますw

Dsc00179_r 一組から 「あれ、大阪ですよね~」 と目の前に広がる街並みを関西弁っぽい発音で問われます。…ごめんなさい、私 3 エリアの人間じゃないのでわからないです。つまりそれはアンテナがどっち向きなのかもわからないという事ですがw こういうのはコンパスがないとわかりませんが、知人に貸したキットの中に入れっぱなしでした。

これらの方々は、双眼鏡で熱心に見て 「あ、あれxxxじゃない?」 なんて言っていたので、大阪の方なのでしょう。それにしても、あまりにも熱心に長いこと見て要らしたので終わるのを待ったのですが、なかなか長く、テロリストか何かが攻撃を計画してるんじゃないかと思うくらい、30分近くじっくり見ていました。

あとはアンテナをアップする段階になって、半分まで上げたところで、家族連れ。8 歳くらいの女の子が近づいてきて
「ねぇ、おねえさん、テレビの人~? これ、テレビ~?」
なんて質問してきました。

うん? 私がテレビに出てるお姉さんぽく見えるのかな?女優さんに見えるかな?…なんて 0.06秒ほど頭をかすりましたが、そういう意味ではなく、当然、アンテナとかケーブルを見て、テレビの工事の人か何かに見えた、という事でしょう(@@

途中までアップしてる状態でお返事するのは体勢的になかなか辛いですが、テレビじゃなくて無線だよ~、と適当に回答しておきました。是非興味を持ってアマチュア無線を初めていただきたかったのですが、不思議そうな顔をされただけで、ご理解いただけなかったようで残念です。

Dsc00182_r 6m は…思ったより人が出ていないみたいで、50.250 で CQ を出すも、空振り。30分ほどしてそろそろ飽きてきた頃にやっとお声がけいただいて、立て続けに3局お話ししたところで終了。SNS の方やお名前をお聞きsたことがあるような方から斑も呼んで貰えなかったのがちょっと残念です。

やっぱり秋になっちゃうとこんな物なのでしょうか。今から考えると、もう少し移動してる局を呼んでも良かったんじゃないかと思えてきましたががががw

ただし、秋であるからこそ、直射日光が当たっていても暑くはなく心地よく運用できましたし、風もそこそこのそよ風なので同じく心地よいです。アンテナは少ししなりましたが、高さを下げないといけないようなことはないです。

不安だったのは、SWR が FT-817 の目盛り2個くらい振っていたことです。以前は全く点灯しなかったのが、ピークで 2 も振ってしまうのはちょっと困りものです。2ele HB9CV なのですが、以前は無調整で SWR メータ触れず心地よかったのに、今日は 2 個も…う~ん。

14時過ぎに知人から下山する旨連絡があったので、お子様で混み混みのケーブルカーで下山します。明日は金剛山か~、と思っていると、どっかで聞いた声が。「あ、テレビのお姉さんいるよ?」 …。朝の親子づれの方々でした。テレビじゃないよぅ;;

|

« アナログ位置情報設定お手伝い | トップページ | VX-8 がやってきた ~準備編 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

素敵なアンテナの写真ですね。
カーボンフィッシャー、結構な重さまでいけますね。
3エリアは6m少ないのでしょうか・・・
こっちならもっともっと呼ばれますよね。
関西の子供は平気で話しかけてきますね。
動物園で大きな蛇を指差し「むっちゃくっちゃやん!」と(私と目を合わせながら)言っていた幼児がとても印象に残っています。

投稿: JO1KVS | 2008年10月20日 (月) 21時12分

 移動運用お疲れ様でした。1週間前の生駒山系には重装備/軽装備の無線運用車両が何台も上がっていました。コンテスト時はいるんですけどね~

投稿: ダルコナ | 2008年10月21日 (火) 00時00分

カーボンフィッシャはこの 2ele HB9CV なら充分支えられます。もっとも、日中の移動運用で目の前にあるとき限定であり、夜中放置して寝るような車の移動運用では不安です。ある程度強く風が吹くとそれなりに揺れますから、目の前で監視していつでもおろせる状態が必要かと思います。

あと、重さも結構あるので、これを持ったままあちこち旅行は厳しいですね(^^;

3 エリアでも 6m はそれなりにいっぱいいらっしゃると思います。個人的には、関東より 3 エリアの方が皆さん活発な気がします。関西ハムフェスタとか…。うらやましいです。6m をなさってる方も多いとは思いますが、キット私のアンテナの方角が悪かったのかもしれません。あとは Bad SWR・・。

お子様については一般的な子供は結構苦手なので苦労します。お母さんの方も、男子ならともかく女子ならそれなりに子供をかわいがってくれると思っているのか、全然警戒しないで子供が話しかけて来るままにしておくんですよね~。

生駒のお山は私が上がったときは静かでした。駐車場以外で、皆さんどこで運用されてるのか知りたいところです。いつもの場所は目立つので…。

投稿: JO3KPS | 2008年10月21日 (火) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はればれ生駒山上移動:

« アナログ位置情報設定お手伝い | トップページ | VX-8 がやってきた ~準備編 »