« VX-8 がやってきた ~おさらい | トップページ | 新局免到着 »

2008年10月24日 (金)

移動用の発動発電機

ホンダさんからお手紙が来て、発動発電機(発々)を使っている人へのアンケートでした。現在の使用目的などを回答してお返事するようになっていて、何か簡単な景品を貰えるようです(「粗品を貰えるようです」 と言ったら OM さんに 「粗品というのは謙譲なので他人からいうのは失礼に当たる」 と怒られたので言い回しを変えてみました(TT)。

さて、移動運用と言えば、発電機です。無線機は勿論、ログのためのパソコンから扇風機、小型冷蔵庫など色々な物を動かしてくれ、移動運用を快適にしてくれます。私は主に YAMAHA の EF900iS という発々を使用しています。性能も使い勝手も良く、女子一人でも積み卸しやお部屋から駐車場など短距離運搬できるのでとても気に入っています。

これからの季節、冬場はセラミックヒーターやカーボンフィーターといった暖房器具を使い、これらが 600W~1kW 程度と結構電力を消費します。特に夜間寝ることを考えるとあまり弱い物はいけません。もちろん、寝袋などで暖を取るという手もありますが、もう一つの理由としては調理があります。

冬は寒く気化しにくいのでガスのバーナーが使えません。移動のご飯(どなたかが「いどめし」と言ってた…w)でバーベキューなんかをする人は関係ないと思いますが、私みたいに 1~2人で細々とする移動運用しかない人は、シングルバーナーで細々調理です。しかも、コンテストの時はインスタントです食品。

そうなってくると、必要になるのがお湯。そのお湯を沸かすのに、ティファールなんかでもよく売られてる、電気ポットです。普通の湯沸かしポットから保温機能や給湯機能を除いた、いわゆる 「電気ケトル」 です。あっという間にお湯が沸きますが、こまったことにこれ、消費電力 1 kw。なので、900W の EF900iS では使えません。

しかし、YAMAHA はこれより大きい出力の得られる一人が片手で何とか持ち運べる大きさの発電機は出していません。これ以上上となると EF2000iS という倍以上、2kVA の出力になってしまい、既に形状も重さも大きさも一人ではなく二人で持ち運ばないといけない領域。おまけに、私みたいなクーペのトランクにはこれでは入りません。

そこで、YAMAHA さんを諦めて視野を広げると、ホンダさんが出している丁度良いサイズの発電機が EU16i なのです。これは、1.6kVA の出力でありながら小型の EU9i をそのまま大きくしたような形状なので、一人で持ち運び、トランクにもなんとか入ります。重さも、女子一人で気合いを入れれば積み卸しできるギリギリです。

EU9i は一時ガールスカウトでレンタルで使ったことがあったのですが、悪くはない物のそれほど完成されていませんでした。その後、ガールスカウトでは EF900iS を購入して使ってみたところ EF9i より EF900iS の方が色々な意味で発々としての出来が良かったのです。そこで、個人では移動運用のために YAMAHA の EF900iS を買いました。

なので、本当は YAMAHA さんに EF1600iS なんていうモデルがあって形状が一人で使えるような物であれば最高だったのですが、現行品としてないのなら仕方ありません。そんな感じで購入した EU16i でしたが、使ってみたところ EU9i と違って、EU16i は結構しっかりしていて良いできです。妥協して買ったつもりでしたが実はかなりいいお買い物でした。

ちなみに、参考までに(出力以外の使い勝手の面で)EU16i と EF900iS の両者を比べた場合、単なる文字で見た両者の違いは次の通りです

  • 給油のしやすさ → EF900iS の方が開口部が大きく入れやすい
  • 協調運転機能 → EU16i は2台並列につないで倍近い出力を取り出す機能有り。EF900iS にはなし。
  • 安定性→ EU16i の方が(音が)若干安定かな…大きさの違いかも
  • 燃料コック→ EU16i:エンジンスイッチと一体 / EF900iS: 独立

なお、連続運転時間は両者でほぼ同じですが、これは 「満タンから何時間連続運転できるか」 というお話ですから、燃料タンクが EU16i の方が大きいので燃費は、低出力であればあるほど EU16i の方が悪いことになると思いますが、これは容量の大きいエンジンになるので仕方ないと思います。

ここで、EU16i と EF900iS を比べた際の最大の違いは、燃料コックのある/なしです。YAMAHA は燃料コックとエンジンスイッチは独立していて、燃料コックを閉じてもエンジンスイッチを切らないとコックからエンジンの中までに残ってる燃料で少しの間動き続けます。裏を返せば、エンジン停止には2ステップ(正確にはキャップを閉めるのも加えて3ステップ)必要となります。

一方で、ホンダの EU16i は、エンジンスイッチが同時に燃料コックのスイッチも兼ねている(たぶん)ので 「停止」 に切り替えれば、エンジンが止まると同時に燃料コックも閉まります。なので、このスイッチをひねるだけでエンジン停止は完了(正確には、あとはキャップの通気口をしめる必要があります)。簡単です。

ではどちらが良いのかというと…一見、簡単にエンジン停止ができる EU16i の方が良さそうですが、少なくとも、多くのアマチュア無線家には、YAMAHA の方がよいです。もちろん、年間通じて月 1~2 回は必ず移動運用で発電機を回す、というのなら問題ありませんが、冬は移動運用をしないとか、月 1 回もいかないで、年数回、という程度だと、YAMAHA の方がお薦めです。

なぜかというと、YAMAHA は燃料コックだけを閉めることにより、ガソリンタンクから燃料が供給されなくなり、途中のパイプに残っている燃料と、エンジン本体の中に残っている燃料だけで動くことになります。数分後、これらは消費されてなくなり、エンジンは 「ガス欠」 で停止することになります。

こうすることにより、ガソリンが供給されている状態で強制的に止められたエンジンと違い、ガソリンがパイプやエンジンの中にほとんど残りません。ガソリンは劣化しますから、長期間使わないとこれらが固着したり、変質して悪影響を及ぼすことがあるのです。例えば、バケツにガソリンを入れて放置して全部蒸発させると、あとにはベタベタとした飴のようなものが残ります。

ノズルの中のガソリンなどがこのように固まってしまうと、次使おうとしたときに 「あれ? エンジンがかからない…」 とか、かかりにくい、なんていうことになりかねません。もちろん、説明書通りに何かのネジをゆるめてガソリンを外に捨てて…という処置をすれば、YAMAHA でも HONDA でも全く同じなのでしょうが、正直これをするのは厳しいです。

例えば、捨てたガソリンは…持って帰るのでしょうか。昨今、そのまま地面に垂らして帰るというのはわずか数 cc とはいえあまり推奨できません。持って帰るとなると、それを入れた汚れたコンビニ袋とか、結構扱いが面倒です。

普段、工作機械を使って汚れ慣れた生活をする人なら別ですが、普通の人にとっては、油やガソリンといった物で手や車や服を汚すのはなんとしても避けたいものです。ガソリンを抜き取って…となると、抜き取った物を処置する、手も綺麗に洗わないといけない、車の中で汚れないように置くための工夫をしないといけない、帰ってからも…というのはかなり厄介です。

なので、マニュアルの通り、カバーを開けてネジをゆるめて、ガソリンを捨てて、そのガソリンをコンビニ袋なりペットボトルなりにわざわざ保管して適切なところで廃棄して…そのために手を汚したり、しまう場所に苦慮したりするのはいまいち。ところが、先述のようにガス欠にすることで、完全ではないものの、ガソリンを抜いたのに近い状態にすることができます。

おかげで、冬と夏で発々を使い分けている私みたいな環境、つまり、冬 (10月中旬~5月初旬) の間は全く EF900iS を使わない私でも、EF900iS は何のトラブルもなく冬にはエンジンが始動してくれます。ネジをゆるめて…といったマニュアルにある保存方法は一切していません。ところが、HONDA の EU16i ではそれができないので、仕方なく説明書通りにしていますがやっぱり厄介です。

…と話が脱線してきましたが、とりあえず要望としてはそんなところを指摘しておこうと思います。あとは、連続運転時間の管理と燃料の残量がわからないのが辛いので、外部タンクの用意と燃料系の装備を書いておきました。

燃料タンクそのものの大型化は本体の大型化を意味するので、これ以上大きくなるとセダン/クーペのトランクに入らなくなっちゃいます。かといって、今のままでは夜暖房をつけて寝るときなど高負荷がある程度続く場合は、寝る時間(6時間程度) 持たせるためには寝る直前に眠い中暗い中給油してから寝る必要があり、これは面倒な上に危険でもあります。

できれば、日没前に給油して、翌日まで持ってほしいですが、それよりも、もっと大型のタンクがあり、そこにスタンドで給油して、その外部タンクからガソリンを直接とれるようになっていれば、発々に給油する手間や気遣いをしなくて済みます。自作された方もいらっしゃるようですが、自作は苦手なので出来ればメーカーさんから純正で出していただけると嬉しい物です。

もちろん、無線に対するノイズフィルタの標準装備も触れておきました。あとは、メンテナンスを任せられるお店の整備ですね。オイル交換くらいは自分でなんとかできますが、他のメンテは無理‥。それらを(勿論有償で)やってくれるお店を紹介して欲しいところです。オイル交換の間隔が100時間と短いのも大変なので、もう少し延ばす工夫をして欲しいとも思いました。

というわけで、発々選びの根拠についてもついでに触れてしまいました。そろそろ寒い季節なので、EF900iS は冬眠に入っていただいて、EU16i の出番かもしれません。重いから大変なんですけどね~(TT

# まだ出してないので、他に書いておいてほしい要望があれば、受け付けますよ~w

|

« VX-8 がやってきた ~おさらい | トップページ | 新局免到着 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

発電機のこと、大変参考になります。
粗品、あまり意識していませんでしたがほんとそうですね。宴会の時に「寸志」を「ご厚志」と紹介するのと同じですね。

投稿: JO1KVS | 2008年10月26日 (日) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移動用の発動発電機:

« VX-8 がやってきた ~おさらい | トップページ | 新局免到着 »