« APRS基地局設定 | トップページ | エネループの新製品を見に »

2008年9月12日 (金)

VX-8 の価格と納期

秋葉原の某お店に VX-8 と IC-7200 の仮予約を入れてあるのですが、そのことについて連絡がありました。VX-8 の販売価格が(お店として)決まったという事で、その値段をお知らせいただきました。ただ、このお値段は仮予約をした私への売価が決まったようなもので、他のお客さんに継続的にこの値段で売るかどうかはわからないので、公表しないでほしいと釘を刺されちゃいました。もしかして、このブログを見てるのかしら(^^;

仮予約というのも、そもそも本来は存在しないのですが、予約受付してますか~、といったところ、まだだと一瞬断られた後 「いつも買ってくれてるし、予約が開始されたら、自動的にその予約リストの筆頭に載せておくよ~」 と、予約の予約みたいな感じで受けてくれたのでした。予約が開始されてからまたお店に来るだけ大変ですからね。

さて、価格的には予想通りですが、残念なのは、納期。一応、9月下旬に予想通り入る予定、とのことですが、一方で、オプション類が最短でも 1 ヶ月遅れるそうです。これはメーカーからの出荷開始がその時期になるだけなので、新製品の仕入れ取り合いに店舗として負けたわけではないようですw

でも、そうなると 10月下旬。う~ん。こまりました。本体が先に手に入るのは嬉しいですが、GPS ユニットと Bluetooth があってこその VX-8 です。これはつまり、10月下旬の入荷まで、事実上使えないことを意味します。そもそも、私の場合、自分でオプションを組み込んだりするのが不安なので、買うときに 「オプション組み込み作業もしてくれます~?」 というのを条件で買うことが多いです。

なので、本体だけ手に入って、後日、オプションが入荷したらそれを入手し、自分で組み込み…というのはちょっと懸念事項です(TT。 そうなると、せっかく仮予約を受けて、そのお店の 「一号機」 を入手できる算段になってるものの、結局受け取り自体が10月下旬にした方が、組み込んだ状態で渡して貰えるのでいいかしら、なんて思ってしまいます。

一方で、免許のことを考えると、これまた複雑です。当然のことですが、新しい無線機ですから、変更申請をしないと行けません。そのためには、ギテキ番号が必要です。その番号をメモして免許申請をするわけですが、そのためには本体がないといけませんよね。まだ持ってない無線機の免許を申請することはできないでしょうし。

そうなると、まずは本体だけ受け取って、変更申請を出し、どうせ数週間かかるでしょうから、オプションが入荷する頃に運用開始、という感じになるんでしょうか。オプション類をつけたときに、付加装置とかになってさらに変更申請が必要にならないかがちょっと不安です。あと、今回私の場合、指定事項の変更(周波数 2m の指定) を受けないといけないので、少し時間かかるかもしれませんね。

いずれにしても、オプション類が本体とシムシップじゃないのがちょっと残念。こういうのって、本体と同時発売じゃないと、後で買おうと思ってそのまま買わない人がいたりしがちなので、売り上げ落ちるよ~、なんて要らぬ心配をしてみたりしましたw

かといって、じゃぁ、オプションが出せる10月まで発売延期にしますと言われてもそれはそれでなんかガッカリなので、おとなしく、無事9月の発売を、ワクワクしながら待ちたいと思います。電波りようこちゃんの使い方を確認しておかないと…。

|

« APRS基地局設定 | トップページ | エネループの新製品を見に »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。

むむむ、ハムフェアでスタンダードのお兄さんは、「今回はオプションはもう出来てるんですが、本体が遅れてるんです。以前みたいに本体はあるけどオプションが無いということは、今回はありません。」と言い切っていたように思いましたが・・・、何かあったんでしょうかね~?

局免の申請のことを考えると、先に本体を入手しておいたほうが良いですね。本体の取説に申請方法が載っていると思いますが、TNC内蔵機種なので付加装置の記載は無しでOKなはずです(ケンウッドのTH-D7等はそうでした)。局免の電子申請をして、実際に免許を入手するまでは、早い人は早いようですが、1ヶ月くらいかかっているパターンもあるようです。早めに出しておいたほうがいいですよ。それと「オプション取りに来るときに本体持ってくるから取り付けもお願い~」と言えば、お店の人が取り付けやってくれるのではないでしょうか。

いずれにしても入手後のレポートを楽しみにしてますね。KPSさんの自己主張の強い文章(いい意味です~hi)は、とても参考になりますので^^

あとIC-7200の方はまだ情報無しですか?

投稿: jo1quf | 2008年9月12日 (金) 21時05分

APRS (Stateではアーパスと発音するらしいですね) は、国内では先に某社が眼をつけていた都合上、仲良く販売するにはいろいろとあるのでしょう。(以下、緘口令。)

投稿: あるふぉんす | 2008年9月12日 (金) 22時05分

VX-8 のオプションは一応入るようになったらしいですが、数がかなり少ないようです。販売店によっては入らない可能性もあるらしいので、予約される際は念押しの確認をしておいた方がいいみたいですね。ハムフェアの時より、少し調達見込みが厳しくなったらしいです。

オプションが同時に入る可能性が出てきましたが、入らなかったとしても本体だけ入手しておく予定です。たぶん、我慢できない(^^;

後日持ち込んで組み込んで貰うのは…ちょっと気が引けますね。こういう場合って、雰囲気的に、私がほしがってる(売り手有利)なので我儘言えない雰囲気が…w 原則ユーザーさんが組み込むものだと思うのでちょっと勇気が要ります。小心者なので(@@

とりあえず規格に関しては、各社協力してほしいですね~。KENWOOD さんの APRS 入門の PDF 見ましたが、TM-D710 には結構表には出てこなかったいろいろ気の利いた機能がついてるみたいですね。たとえば、サブで APRS を発信しながらメインバンドで 433.020 で FM をワッチしてるなら、APRS 位置情報に音声で呼べば聞いている周波数としてその周波数の情報を載せてくれるらしいです。

バースタさんも当然いろいろ研究なさったでしょうから、それらをどこまで追いつき追い越して実装してるかが気になるところです。

投稿: JO3KPS | 2008年9月13日 (土) 22時37分

さて、変更申請は常識として、それ以上にギテキ番号=工事設計書=F2Dを掲載させることの重大な意味は、皆さんなら解りますよね。

投稿: あるふぉんす | 2008年9月22日 (月) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VX-8 の価格と納期:

« APRS基地局設定 | トップページ | エネループの新製品を見に »