« さようならマクドコーヒー | トップページ | ハムフェア2008/同時開催コミティア »

2008年8月21日 (木)

定期購読っていいもの?

私は CQ ham radio は定期購読で買っています。これは職場の補助制度があるからなのですが、それまでは店頭で買っていました。定期購読については、私は二通りの見方をしています。

一つは、定期購読を契約して貰う事により、その読者が少なくとも1年間は、買い忘れたり、面倒になって買わなかったり、つい買い逃したりすることが無く、安定してお客さんとして確保できる面から、おそらく出版社も好んでるんじゃないかと思います。売り上げも直接定価が全額手に入りますしね。

ただ、デメリットもあります。それは、知名度と非レギュラー読者の機会損失です。これが二つ目。

まず、定期購読で買ってしまうと、それまで店頭で買っていた場合、その書店の売り上げが落ちます。毎月買われていたので仕入れていたのが、買われなくなったため仕入れが無くなり、置かれないことになってしまうかもしれません。

一般的などこに置いてもある程度数が出る雑誌の場合、何人かが定期購読に切り替えたり読むのをやめて買われなくなった場合でもゼロになることはないでしょう。なので、冊数が減ることがあっても、置かれなくなることはそう無いとは思いますが、元からあまり数が出ない CQ 誌の場合、一人が定期購読にうつって買わなくなっただけでその書店からの定期的な売り上げがゼロに等しくなり、仕入れられなくなる可能性もあります。

アマチュア無線家の密度を考えた場合、これはかなりあり得ることで、実際昔より置いている書店が減ったと言われています。

これによって何が起こるかというと

  • 一般人やお子様が目にしてアマチュア無線に興味を持ってくれる確率が減る
  • 知名度と存在感という意味で、一般人やお子様の無線に対する認知度が下がる(昔はそんな雑誌が置いてあった気がするなぁ等)
  • 無線をやってるけど買ってない人が、ふと目にして買ってみようと思って買ってくれる可能性が消える
  • 昔無線をやっていたけど、ふとこれを目にしてカムバックしてくれる人の確率が減る
  • 「昔CQ誌ってあったよね」→「ちょっと見てみようかな」→書店に行く→どこへ行っても置いてない→「まぁネットもあるしいいや」=販売機会の損失
  • 基本的には欲しいけど、定期購読でまとめて買うのに抵抗があり、書店で買いたいと思ってた人が「売ってないなら定期購読してまで買う気はない」と入手する確率が減る
  • 店頭で見て、その月が面白そうだったら買おうと思ってた人が、目にする機会が無くなり買えなくなる

等々…。

結果的には、定期購読で囲い込める売り上げよりも、損失する物の方が多い気がします。私は職場の補助制度があるので定期購読で買ってしまっていますが、それが導入されるまではヨドバシの店頭でポイントを使って買っていました。基本的には、定期購読より店頭でワクワクしながら買う方が好きなのです(^^;

地元にヨドバシが出来たときにも無事 CQ 誌が置かれたので安心しましたが、あれも私が店頭で買わなくなってからどうなったのか心配です。CQ誌置いてないかな~、と来た人も、置いてなかったらガッカリして買えず、今月号は買わないかもしれません。外出先で買う機会があっても、必ず地元ヨドバシ(=必ず毎月 CQ 誌を在庫しておいて欲しい店舗) で買っていました。

入荷するのは一冊ということはほとんど無く、大抵、買うのが一人~二人でも4~5冊程度は入ってる物です。けど、誰も買わなかったらこれがゼロになってしまう可能性が高いわけで、流れの読者はさまようことになります。かといって、定期購読、というのはある程度敷居が高いです。読み慣れていない人は良さに不安を抱えるのでいきなり定期購読をするのはよほどの勇者さんですw

そういう人は、まず店頭で立ち読みして、良さそうなら買ってみて、それが数ヶ月続いて定期購読を検討するのはそれからです。つまり、店頭で入手できなければ、よほど誰かに勧められたり、読むと決めて無線を始めた人以外は定期購読をする機会がそもそも発生しないことになります。毎月愛読してくれてる人でも、定期購読というのは意外と抵抗があり、何年もずっと店頭買いという人もかなり多いと思います。

そういう人が、周囲の書店から CQ 誌が消失して定期購読以外に入手方法が無くなった場合、定期購読に全員が移行するかというと…半分も移行してくれればいい方ではないかと思います。他は 「消滅した物」 として購読をやめるか、残りの半分の誰かが購読した物を見せて貰う程度で終わりそうです。

また、もしこの先、店頭販売をやめて定期購読に絞った場合、定期購読しかない雑誌というのは、もはや雑誌の中で風前の灯。同人誌同然です。よほどその業界が活性化でもしない限り、冊数が伸びることはもう無くなった状態と言えます。「知ってる人だけが知ってる方法で定期購読をする」という機会と門戸の狭い状態になってしまいますから…。

なので、個人的には、書店が動線上にあり、CQ 誌が置いてあるなら書店で買う方をお薦めします。置いてなくても取り寄せで毎月置いて貰うくらいの勢いで(^^; 面倒でもお散歩のつもりで月一回は書店に足を向けましょう~。…余談ですが、私は CQ 出版社とは何のつながりもありません。回し者でもありません

|

« さようならマクドコーヒー | トップページ | ハムフェア2008/同時開催コミティア »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定期購読っていいもの?:

« さようならマクドコーヒー | トップページ | ハムフェア2008/同時開催コミティア »