« 関西ハム参加中止? | トップページ | UAT is over »

2008年7月12日 (土)

コウジョウシン

移動運用をするのに、今回居住関連の設備を整えました。移動中にクーペの室内だとエコノミークラス症候群になりそうです。特に、仮眠を取る時にはフルフラットになる車と違い、椅子で寝るのであまりよく寝付けません。そこで、今回テントで出られている方を真似して、テントと居住に関する装備を調えてみたわけです。

ところで、移動運用の装備というと、まず何を思い浮かべるでしょう? 勿論、無線機ですね。そして、アンテナです。この二つが移動運用の本質を決定してくれます。が、このアンテナをあげるには、いくら高所移動とはいえ、なるべく高い所にあげる必要があります。お山の上でも、多少の木は茂っている物。その木を超したいでしょうし、いくら高くてもタワーとは違い地面がありますから、その影響を考えると半波長以上地面から離したい物です。そうなると、飛びを左右する物として、ポールも重要です。

つまり、移動の設備といえば、テントなんかにお金をかけるよりは、そのお金でリグやアンテナ、ケーブル、ポールなどの本来装備を充実させたい物です。けど、そうも行かない事情があり、私の場合、これ以上は投資したくても投資できないというのが現状です。それは、私の車がワンボックスやステーションワゴンのような車ではないからです。

アンテナは、移動運用と名乗るからには、大抵の方が 5ele 6ele 八木はあたりまえ、中には 7ele スタックなんていう方もいるようです。そんな中、私は 3ele HB9CV でこじんまりとしています。日帰りお手軽運用ならともかく、テントを張るような宿泊移動なら、その前にアンテナを…と思うものですが…。なぜそうならないかというと

1: 大型アンテナに耐えるポールが車に積み込めない
→ 皆さんがよくお使いの立派なフジインダストリーのポールは、私のクーペのトランクには入らないです…。現在トランクに入る大きさのアルミポールでは 3ele HB9CV でも既にステーをしっかり取らないとお辞儀してしまいます。これ以上のアンテナを搭載すると、ちょっとした弾みでおそらく折れるでしょう(@@

2: 大型アンテナを組み立てる時間とスキル
→ 大型アンテナなので、それなりに組み立てるだけで時間がかかりそうです。部品点数も増えるでしょうし、それらを私一人でちゃんと組み立てられるでしょうか。技術的に可能だったとしても、時間的にどうでしょう。現在の 3ele HB9CV ですら、現地到着から運用開始まで 1 時間近くかかります。アンテナ組み立てだけで使用してる時間は計測していませんが、これ以上全体の時間が延びるのは悩みどころです。

3: 大型アンテナの手間
→ 時間とも関連しますし、スキルにも関連しますが、大型アンテナを組み立てる手間は大変です。単純に 「めんどくさい」 という事よりも、それにかかる時間が気になります。移動運用なので堅牢な作りは必要なく、求められるのは簡単に組み立てられる手軽さです。現在の所、移動運用にフォーカスして組み立てやすく作られてるのは、私が知る限り私の使用している Radix のこの 3ele HB9CV が最大です。工具を使わず運用開始できますが、それでも蝶ネジなどせっせと回すには、まだ省略できる点があると思います(蝶ネジ止め2カ所→1カ所など)。他のメーカーの物は、移動専用は見た事が無く、大抵は堅牢な作りです。これでは、工具を使ってせっせと組み立てる必要があり、かなり大変そうです。

4: 大型アンテナの重量
→ 何とかして組み立てたとしても、この大きなアンテナをポールに取り付けられるでしょうか…。また、それを持って、ポールを高くのばせるでしょうか。また、強風時に耐えられるでしょうか。一人でステーを張るのは意外と大変です。もちろん、それに耐えうるちゃんとしたポールは 1. の問題で既にダメなわけですが…。

というわけで、大型アンテナをちゃんとしたポールであげるプランは私には難しいです。将来的に、ワンボックスを買って装備をいくらでも詰め込めるようになれば別ですが、今のクーペのうちは無理です。

また、別の問題として、道具の管理があります。私はマンションに住んでいて、駐車場はマンションの駐車場。これが機械上下式です。高さはギリギリしかないので、毎回、雨でも晴れでも台風でも、車庫に入れる前に車を降りて無線のアンテナをたたんでからじゃないと入れません。ルーフキャリアをつけると入れられません。

そして、問題なのはその運搬。お部屋から車へ運搬するのがかなり大変です。8階の私のお部屋から廊下、エレベータ、通路を通って車庫へ。そしてキーを使って車庫を操作して車を出します。この中で問題となるのが…

1: 一度で運べない
→ 私一人で全部持てないので、持てるだけ持って車庫へ移動し、物をその辺において、お部屋に続きを取りに行く、という往復をしないと行けません。当然、車庫内は住人公共の場所なので、私物を置いておくとそのうち不審物として警備員か警察が来ます。素早く行なわないといけません

2: 車を放置しにくい
→ 車庫の区画から出さないと、トランクを開けれません。一度出してしまうと、その他に車を置いておくスペースは皆無です。車があると、一定の場所の他の車が出られなくなるので、もし放置してその間にそこの人が来たら怒られちゃいます。なので、車を出して、積み込んで、戻って、また積み込んで、という事は出来ません。

3: ヘトヘト
→ これら2点をクリアしたとしても、重量のある大型アンテナをお部屋から運ぶのはかなり大変そうです。もちろん、発電機やガソリン缶など必ずしも車の中に入れっぱなしではない物を運ぶ必要があります。着替えとか食料とかグミとかの生活用品もありますしね。

無線をされている方の多くが、一戸建てでワンボックスを持っている方の気がします。マンションの場合、自室→自室玄関→廊下→エレベータ→1F→廊下→扉・扉・扉→駐車場→機械式パーキング→車を出す…と結構遠いのです。扉には鍵がありますし、バネで自動でしまってくるので荷物を抱えたまま扉を押さえておいて扉を通過するのは結構大変です。アドバイスをいただくと、大抵は 「あ~、この人、一戸建てだからそういえるのよ~」 と思える事が結構あります(@@

実際の所、私はある程度設備投資で何とかなる所は何とかしたいと思っている方で、なんとかできるのであれば、徐々にステップアップして今頃一番長いフジインダストリーのポールにローテータ付きタイヤベース、6 エレ八木くらいにはなってると思います(^^; でも実際には、車での移動も、1ele デルタループアンテナ→ミニマルチの HB9CV 2ele(初参加の関ハムで査収)→ Radix の 3ele HB9CV と進化しています。が、限界を感じてココで進化が止まっているわけです。

そういえば、私が無線を始めた頃はマスプロさんが 430MHz 用のお手軽なアンテナを作っていた気がしますが、今はどうなっちゃったのでしょう? あそこって、アマチュア無線のアンテナがメインのメーカーだったと思うのですが、ウェブにさっぱり製品情報が見つかりません。ウェーブハンター、売れなかったのかな?

|

« 関西ハム参加中止? | トップページ | UAT is over »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
よ~くわかりますよ~。
うちもアパマン。8階建ての6階。車は屋外の機械式で地下に入っています。雨の日は傘をさして車を出し、出した車を停車しておく場所はありません。
乗り降り積み込みも屋外です。
荷物も一回で運べません。
長ものは長もの用の箱に紐を付けた輸送用の入れ物を作り、なるべく一回でまとめて運べるようにしていますが、電源となるバッテリーボックス(12V+12V=24V⇒13.8V)とか、とにかく大変なんですよね。
いちいち車もドアも鍵をかけないといけないし。
もう一人欲しいですよね。
うちの車はフジインダストリーのマストをシステムキャリアにアタッチメントを付けると積む事が出来ますが、アタッチメントの取り付けとマストの積み込み。これを毎回やるのは大変なので、フジの8mポールは持っていますがまだ出動していません。これ、すごく重いですしね。結局5mのマルドルのアルミマストが主力マストになっています。
マスプロのウェーブハンターやブラウンテナー、懐かしいですね。430ならRadixの5エレは性能いいですよ。

投稿: JO1KVS | 2008年7月15日 (火) 23時03分

拙宅のマンションは昔のスタイルで5階建ての5階。エレベーターがない。しかし、アマチュア無線家は創意工夫がなきゃ。発電機にショルダーベルトをつけ「担ぐ」。敷地内に駐車できるが水平移動も楽にできるようキャリーで運ぶ。
車はミニバンでフジの8mポールは車室内に収まる。

見方を変えて。
1.レンタカーを借りる。
2.いきなり移動地でアンテナを組もうとせず、平地で組み立て分解練習を数回する。
3.目玉クリップを利用して蝶ねじなしでエレメントを固定する方法などある(昔のCQ誌に載っている)
4.脚立を持っていく。
5.毎日腕立て伏せをするなどして基礎体力をつける。
 地上で修業されてください

投稿: ダルコナ | 2008年7月17日 (木) 23時56分

お部屋から駐車場までは、台車「こまわりくん」を使って運搬しています(そうしないと発電機はさすがに手持ちは無理(^^;)
細かい物は前に掲載した checklist を見ていただくとして、大型の物は別にブログに書いてみますね。

アンテナの組み立て練習は…買った時に、全くのバラバラ状態から、普通のバラバラ状態まで組み立てる必要があったので、その時に一度組み立てました。
あと、このアンテナ自体は組み立てに熟練を必要とせず、ポンポンとつけていくだけなので、特に練習しなくても良さそうです。

目玉クリップなどのハード改造は…ウェブや雑誌で何度も見た事ありますが、私はハードダメな人なので、少なくとも自分で作るのは無理です(TT

今探してるのは、昔 US に居た時に使った事がある、つまんで止めるネジみたいなのです。あくまで仮止めですが、蝶ネジの代わりにつまんだ状態で差し込み(この状態ではワッシャー状態)、手を離すとバネというかそのネジの弾性力で刃がねじ山に引っかかり、固定できるという物です。結構強力に止まるので、移動運用の平穏な天気では問題なく使えると思います。

残念ながら、正式名称を知らないのと、日本では一度も見た事がないので、ホームセンターや秋葉で探してみましたが、入手できずにいます。

もし知ってたら教えてください。エレメント一本に、蝶ネジ2個だと30秒かかる所が、これだと2カ所5秒で終わります。もちろん、撤収も素早くできますしね。あとで SNS とかでも質問してみようと思います。

投稿: JO3KPS | 2008年7月18日 (金) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コウジョウシン:

« 関西ハム参加中止? | トップページ | UAT is over »