« 無線はじめてものがたり~その4 | トップページ | 無線はじめてものがたり~その6 »

2008年6月 3日 (火)

無線はじめてものがたり~その5

さて、無事免許状が届き、運用可能な状態になりました。そもそも開局した目的はパケットを待たしたいと思ったからです。世の中はすっかりインターネットの時代になり、いつのまにか常時接続がアメリカを抜いて日本では当り前になっていました。私が日本で遊んでた頃は 「アメリカはケーブルテレビのネットワークで常時接続が当り前で、羨ましいなぁ」 だったのですが…。

パケットをしようとしたら、まずどこの局につなげばいいのか探さないといけません。自分の住んでる所から到達可能な場所に、誰かが BBS を立ち上げていてくれないとつなげないわけですが、大抵都内ならどこでもある、というのが感覚でした。しかし…インターネットで BBS LIST を探しても 2,000年を最期に見つかりません。う~ん…。
ダイヤルをぐるぐる回してみましたが、全然パケットが見つかりません。あれほど流れていたパケットは一体どこに…。Google で検索してみても、情報はほぼ皆無。それどころか、TNC を作ってたタスコが既に倒産しており、TNC すら生産されていない状態。ネット上で見つかるのは 「TNC を売りました」 的な、パケット廃業の内容があるくらいです。
TNC を使った話題として見つかったのは、パケットクラスタとかいうものです。DX 情報がどうのこうの…どうやら、パケットで DX のオンエア情報が流れるので、それを受信して DX を捕まえましょうとか、そんな感じの物らしいです。残念ながら、これは私には縁がない物です。
そんな感じで、FWD-NET の話題はほぼ皆無。インターネットが普及して必要なくなった、という事なんでしょうか…。文字だけでやりとりされる掲示板システムは、インターネット掲示板と違い価値のある物だと思っていただけにショックです。こうなると、全国転送系のリンクも、既に切れていたりするのではないでしょうか。MO についても同じ状況みたいで、インターネット時代という事なんでしょうか。残念です。

そんなわけで、せっかく再開局した物のパケットは既に壊滅状態。目的が早くも消失しました。というわけで、無線機を設置してアンテナもこっそり窓際に置いてあるのですが結局鉄道無線を受信するくらいになっていて、あとはラジオを聞くくらいになってしまい、無線機としては活躍の場所が無くなりました。TNC 機能が内蔵できるモービル機を配備して再開局はしてみた物の、パケット自体がほぼ壊滅状態で、目的を果たせず開店休業状態…。悲しい限りです。

(つづく)

|

« 無線はじめてものがたり~その4 | トップページ | 無線はじめてものがたり~その6 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無線はじめてものがたり~その5:

« 無線はじめてものがたり~その4 | トップページ | 無線はじめてものがたり~その6 »