« 無線はじめてものがたり~その7 | トップページ | 無線はじめてものがたり~その9 »

2008年6月 3日 (火)

無線はじめてものがたり~その8

ネットで情報を入手し、一見すると簡単に情報が集まって運用できそうですが、準備を進めていくと、意外とそうでも無い事に気がつきます。例えば、6m SSB でそもそも運用するのは私は初めてです。「メイン(呼び出し周波数)はどこ?」 となるわけです。430FM ではメインで CQ を出し、サブで交信を行うのが普通です。なので、どこか呼び出す場所がないといけないわけですが、バンドプランには FM のことしか書いていません。SSB はどこで CQ を出すんでしょう? それを書いてあるページは、ウェブでもバンドプランのシートでも、どこにも結局見つかりませんでした。

最終的には、GS のとある SCAPP の方に教えていただき 「SSB はどこでもいいから、そこで勝手に CQ を出す」 という事でした。つまり、呼び出し周波数はなく、全部が「サブ」であり、適当な所で勝手に CQ を出し始めるわけです。それじゃ、どうやって CQ 出してるのを見つけて貰えるのか…不思議でしたが 「みんなダイヤルをぐるぐる回して出てる局を探してるので大丈夫」 と言われました。そういわれても、大海原の中で、ぽつんと CQ を出してる私を、発見してくれる人はいるのでしょうか? とても不安ですが、そういう物だと言われると諦めるしかありません。SSB にメインはないんですから。こう考えると、だれもがメインを聞いていれば必ずそこで CQ を出され、運用してるサブの周波数を教えてくれる 430FM はなんと親切で便利な事でしょう(^^;
とはいっても、便利ですが、やっぱり無線らしいのは、周波数の中で出てる局を自分で見つける方の気がします。ぐるぐるまわして電波を拾い、誰か出てる…と見つけ、コールサインを聞き取り、交信を開始する。こちらの方が、システマチックな FM と違い、何となく無線っぽいですね。

その他にも、430FM では、20kHz ずつで周波数を使います。けど、6m SSB ではどうするの? といった事も、また、ウェブには情報が全く載っていません。これもやっぱり同じ SCAPP の方に聞いて 「そういう決まりはないので、好きな数字で出せばいい」 と言われました。びっくりです。切りのいい数字ではなく、適当な所で適当に出せばいい。430 と違い、その自由さというか曖昧さというかwにはびっくりしました。
同時に、周りで一緒にローカルさんやフレンド局が居る中で 6m を始めたのであれば、自然とわかって解決していき、覚えていける事が、一人だとこれほど苦労するし、不安だし、謎だらけなのは、それだけ周りに人がいた時の環境というのが大切だというのがわかりました。ほんの些細な事であればあるほど、情報がない物です。ベテランの方が一生懸命つくってくれてるウェブサイト。でも、残念ながら、どこもその情報は書いてない。よくある 「わかってる人にこそ見えないノウハウ」 の一例ですね。

(つづく)

|

« 無線はじめてものがたり~その7 | トップページ | 無線はじめてものがたり~その9 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無線はじめてものがたり~その8:

« 無線はじめてものがたり~その7 | トップページ | 無線はじめてものがたり~その9 »