« 無線はじめてものがたり~その9 | トップページ | DPRS をはじめよう ~その 2 (問題点) »

2008年6月 4日 (水)

DPRS をはじめよう

ICOM の ID-92 を使っていますが、今のところ D-STAR としての活躍はありません。レピータを使った交信には興味がわかないし、世間ではシンプレックスの交信が行なわれてないのではせっかくのデジタルモードでもちょっと魅力がないのです。結局、今のところは便利な FM 機としての使い方が多いです。

ところで、この ID-92。オプションとして GPS の純正マイクがあります。これを使えば、本体とこのマイクだけで、GPS から座標を拾ってきてくれて、それを表示してくれます。…ってそれだけ? と言われると、それだけです。なんだかあまり役に立たなそうですが、DV モードで交信をすると、相手にこちらの座標と方角が表示されるらしいです。二人でスキーに行った時なんかに便利なのかもしれませんが、それほど活躍の場があるという気もせず…。

そんな中、いろいろ見てると、意外な活用方法がありました。この GPS で拾った座標を、本体の設定で DV モードの送信時に重畳して送出するように設定しておくわけですが、その場合、その GPS 位置情報を DV モードで受信した I-Gate という、ネット接続された局がネット上のサーバにその座標を登録し、なんと、Google マップ上にプロットしてくれるのです。

これにより、ネット環境があれば、私がどこから電波を出してるのか、Google MAP 上ですぐにわかります。また、私が移動したら、その移動の軌跡も残り、どこをどう移動してるのか、どのくらいの速度なのかもおおまかにわかります。丁度、カーナビで移動してきた所にドットの航跡がついていくのと同じですね。それが、ネット上で見られるわけです。同時に、他の局も見られますので、誰がどこからどうやって移動してるのかが見れます。なかなか面白いです。ここから見られます。

ID-92 ハンディ本体に GPS マイクをつないで持って行き、出かけ先で CQ なりフレンドのと雑談なりで電波を出せば自分の位置を登録する事ができるのは面白いですね。特に交信をしなくても、一定間隔で自動的に GPS データを送出してくれる自動送出機能もついています。10秒や1分、10分、30分など好きな間隔で設定できます。これを使えば、ID-92 を自転車のカゴやバックパックに入れて移動してると、自分が移動した航跡がどんどん残っていくわけです。短いですが、コメントも入れられます。このシステム(?)を、DPRS (D-STAR Position Reporting System) というらしいです。

ただ、問題もあります。この、私が出した電波を受信して、そこに含まれる GPS データを登録サーバにアップしてくれる局の事を、DPRS の「I-GATE 局」 と呼ぶのですが、D-STAR はレピータを介して行なうという印象が強いからか、この I-GATE 局がレピータの周波数にしかいない、という事です。つまり、座標情報を登録するのには、レピータに対して送出する形にしないといけないのです。

レピータに対して DV で送出すると、レピータが GPS データを含んだ形のままレピートしてくれます。それを受信している I-GATE 局が取り出して、勝手にサーバに登録してくれます。確かに、コレだとレピータまで届く範囲であればどこからでも GPS データを送出できて、広範囲がカバーされていて便利です。ハンディ機のような小さな出力でもアクセスしやすいでしょう。
具体的な設定方法は、昔こちらにまとめたので、ごらんいただければと思います。具体的な「問題」は、次回に続きます。

(つづく)

|

« 無線はじめてものがたり~その9 | トップページ | DPRS をはじめよう ~その 2 (問題点) »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DPRS をはじめよう:

« 無線はじめてものがたり~その9 | トップページ | DPRS をはじめよう ~その 2 (問題点) »